黒豆茶とは?黒豆茶の意味と概要について解説します。

食品・食材飲料 一覧黒豆茶黒豆茶とは
黒豆茶black-soybean-tea

黒豆茶の概要

名称 黒豆茶 学名 Glycine max(黒豆)
別名 -
分類1 飲料・嗜好飲料 分類2 マメ科ダイズ属(黒豆)
原産地 - 主な産地 兵庫、京都、北海道など(黒豆)

黒豆茶とは?

黒豆茶は、煎った黒豆をお茶にした嗜好飲料の一種です。

黒豆茶

黒豆茶とは、黒豆を焙煎することによりお茶として飲めるようにした飲料です。特徴は、香ばしく濃い麦茶のような味で、豆乳のような青臭さはありません。市販の黒豆茶は、ティーバッグが多く、豆のまま・粉砕・粉末タイプがあり、煮だすものが多めです。

黒豆茶をはじめとする大豆製品には、健康や美容にも優れた効果があります。特に、イソフラボンだけでなく、黒豆の特徴であるアントシアニンも含まれています。ダイエット更年期障害など女性の不調を緩和する効果が期待されています。また、ノンカフェインのため妊婦さんやお子さんでも飲める優しい飲み物と言えます。

黒豆茶のおいしい入れ方は、煮出すタイプでは、約1Lの熱湯に1パックまたは50gの煎った黒豆を5分煮出し5分蒸らします。急須やティーポットでは、大さじ2.3杯の黒豆に熱湯を注ぎ、蓋をして2~3分蒸らします。蒸らすことで黒豆の成分や浸透し、よりコクのある味わいになります。

また、黒豆茶は家庭で作ることができます。黒豆を水に30~60分ほど浸したあと、水気をしっかりと切りフライパンで焦げないように煎ります。皮がはじけ食べた時にカリッとすれば出来上がりです。もし水けが残っている場合は、レンジで様子を見ながら3分ずつ加熱しカリッとするまで繰り返して下さい。

さらに、煮だした後の黒豆茶は、お茶請けや料理、スイーツとしても再利用できます。お茶に利用した黒豆は、手でつぶれるほど柔らかくなります。

そのまま食べることができますし、揚げて塩をふっておつまみやお茶請けに。また、黒蜜やきな粉を振りかればおやつにもなります。黒豆ごはんや人参ひじきなどと一緒に煮ておかずにもなります。黒豆茶は煮だした後も栄養が残っていますので、余すことなく利用したいですね。

関連コンテンツ