チーズとは?チーズの意味と概要について解説します。

食品・食材チーズチーズとは
チーズcheese

チーズの概要

名称 チーズ 学名 Bos taurus(牛)
別名 -
分類1 乳製品、卵 分類2 Bos taurus(牛)
原産地 - 主な産地 北海道、宮城、宮崎など

チーズとは?

チーズは、主に牛の生乳から作られる乳製品の一種で、発酵食品でもあります。

チーズ

チーズとは、生乳(ミルク)を乳酸菌で発酵させたり、酵素で固めたりして作った乳製品です。チーズに使われる生乳の種類はおもに、牛とヒツジとヤギの3種類で、一般的には、牛の生乳を使って作ったものが多く販売されています。

そしてチーズは大別すると、ナチュラルチーズとプロセスチーズの2つになります。また細かくカテゴリー分けすると、1000種類以上にもなります。これは、どの程度熟成させるのか、カビの付着の有無、カビの種類などによって異なります。

「ナチュラルチーズ」は生乳を直接加工して作ります。それに対し「プロセスチーズ」は、1度できあがったナチュラルチーズを溶かし、乳化剤を使い固めて作ります。

国内でのチーズの生産地は、北海道、宮城、長野、千葉、広島、大分、宮崎などで、国内での製造も増えています。また、モッツァレラチーズのフレッシュチーズ類、白カビ系のカマベール類を中心に様々な種類が作られています。

生産量が多い国では、アメリカやドイツ、フランスやイタリアなどがあり、消費量も多く、アメリカは、カッテージ・クリーム・チェダーなどが多く消費されています。ドイツはクワルクという種類のものが多くたべられています。

またイタリアは、モッツァレラ・パルミジャーノ・ゴルゴンゾーラ・マスカルポーネなどです。マスカルポーネは、ティラミスに使われ、イタリアはティラミス発祥の地のため多く消費されています。フランスでは、カマンベールやブリーチーズなどの、白カビが生えたものが多く食べられています。

関連コンテンツ