ミニトマトとは?ミニトマトの意味と概要について解説します。

食品・食材野菜 一覧ミニトマトミニトマトとは
ミニトマトcherry-tomato

ミニトマトの概要

名称 ミニトマト 学名 Solanum lycopersicum
別名 プチトマト
分類1 野菜 分類2 ナス科
原産地 中南米 主な産地 熊本、北海道など

ミニトマトとは?

ミニトマトは、ナス科に分類される野菜の一種です。別名、プチトマトとも呼ばれます。

ミニトマト

ミニトマトとは定番の夏野菜であり、ビニールハウスの温室で育てられるのが普通とされています。

一般的にミニトマトという総称が用いられていますが、プチトマトと同様に扱われています。ミニトマトは英国から、プチトマトはフランスからきている語源だと言われています。

細かい違いは無く売られています。ミニトマトよりも大きい、いわゆる普通のトマトとの味の違いは品質によって異なります。

リコピンやビタミンやミネラルなどの栄養はミニトマトの方が、大きいトマトより含用量がいずれも多いとされています。

近年では美白効果が特に期待されていますが、こちらの効き目もミニトマトが優れています。

トマトと名のつくものは全てリコピンが豊富で、いずれのトマトもその効果を促す最大の時間帯は、夜に食するのが効果を際立たせられると言われています。

食べ方としては冷やして食べるのが夏には最適ですが、熱を通すとより一層トマトの旨味、栄養価を高めます。

皮にも栄養がつまっているので、湯剥き等をすると栄養が下がってしまいます。食べるときは是非、スープや焼きトマトなどにして最大限の栄養を摂れるようにすると良いと思います。

家庭で育てるコツは水を極力あげないことです。茎や葉に産毛が立つまで水やりを我慢すると実がとても甘くなります。

関連コンテンツ