チョコレートとは?チョコレートの意味と概要について解説します。

食品・食材チョコレートチョコレートとは
チョコレートchocolate

チョコレートの概要

名称 チョコレート 学名 -
別名 ショコラ
分類1 菓子 分類2 -
原産地 - 主な産地 -

チョコレートとは?

チョコレートは、カカオマスやカカオバターを原料に作られる菓子の一種です。別名、ショコラとも呼ばれます。

チョコレート

チョコレートとは、原料にカカオマスやココアバター(カカオバター)を用いて作られる菓子類です。カカオの種子を発酵、焙煎、磨砕したカカオマスにココアバター、砂糖や乳製品(粉乳)を混ぜて練り込んで作ります。英語でチョコレート、フランス語ではショコラと呼ばれています。

チョコレートが誕生するまでは、カカオペーストに砂糖を加えて固めた苦みが強い「食べるチョコレート」が発売されていました。1876年にスイスでこれらにミルクとココアバターを加えた「ミルクチョコレート」が誕生し、その後、滑らかなチョコレートへと発展していきます。

日本には「日本チョコレート・ココア協会」という業界団体が存在し、チョコレート業界の各世界組織にもこの協会を通じて参加しているそうです。また、「チョコレート類の表示に関する公正競争規約」によって規格が定められています。

「チョコレート類」には、チョコレート、準チョコレート、チョコレート菓子、準チョコレート菓子、カカオ、ココア、など数多くの製品があります。チョコレートは、原料の違いによって風味が異なるので様々な種類に分かれています。その中でも代表的な種類をご紹介します。

「ビターチョコレート」は、スイートやダーク、プレーンチョコレートとも呼びます。原料に乳製品を含まずカカオ分が55~80%程度。カカオ分が高くなるほど糖分が少なく苦みが増し、カカオの色味が強く色は濃いこげ茶色です。

「ミルクチョコレート」は、原料に乳製品を含みカカオ分は31~38%程度。乳成分が入るためカカオの含有量が少なくまろやかな味わいで薄い茶色。「ホワイトチョコレート」は、カカオバターの含有率が30%前後。カカオマスを使わないため苦みはなく、まろやかな甘みとコクのある味わいで色は白くなります。

加工されたチョコレートの中に生チョコレートがあります。チョコレート生地に生クリームや洋酒など加え練りこんだものです。水分が含まれているため軽い口どけを味わえますが、賞味期限が短くなるのも特徴です。

関連コンテンツ