コーヒーとは?コーヒーの意味と概要について解説します。

食品・食材飲料 一覧コーヒーコーヒーとは
コーヒーcoffee

コーヒーの概要

名称 コーヒー 学名 Coffea robusta
別名 -
分類1 飲料・嗜好飲料 分類2 アカネ科コーヒーノキ属
原産地 エチオピア南西部 主な産地 ブラジル、ベトナム、インドネシアなど

コーヒーとは?

コーヒーは、アカネ科コーヒーノキ属に分類される種子を焙煎して作られる飲料の一種です。

コーヒー

コーヒーとは、コーヒーの木に実る果実(コーヒー・チェリー)を焙煎した飲料です。果実から外皮と果肉を取り除き種子を焙煎します。その起源は、イスラム僧の修行の際用いられたイスラム説。カルディ地方でヤギがコーヒーの実を食べていのが発見に至ったというカルディ説の2つがあります。

コーヒーの特徴は、芳醇な香りと苦みをベースに甘みや酸味があります。市販のコーヒーには、豆のタイプ、豆をひいた粉タイプ、お湯を注ぐだけで手軽に飲めるインスタントコーヒーがあります。

飲み方としては、ペーパーフィルターを用いたペーパードリップ、ネルを用いたネルドリップ、サイフォンを用いたサイフォンドリップなど、使う器具によっても味の変化が楽しめます。

コーヒーには様々な種類がありますが、代表的なものにキリマンジャロやブラジル、マンデリンが挙げられ、豆の採れた産地が豆の名称として使われます。またコーヒーの栽培は、赤道を中心に南北25度の「コーヒー・ベルト」と呼ばれる地域で行われます。

一般に1種類だけの豆を用いて抽出したものをストレートコーヒーと呼びます。それに対して複数の豆を用いてそれぞれの特徴を活かしながら豆を配合し、抽出したものをブレンドコーヒーと呼びます。喫茶店ではストレートとブレンドは明確に分かれており、特にブレンドはその店の店主のこだわりが反映されているため、店ごとに味わいが異なります。

一般的にコーヒーとは苦いものだという認識がありますが、この苦みを決定づけるのは豆の焙煎の過程です。もっとも焙煎が進んでいない状態のコーヒーはアメリカンと呼ばれ苦みも弱く、焙煎が進めば進むほど苦みは強くなる傾向にあります。

関連コンテンツ