ドラゴンフルーツとは?ドラゴンフルーツの意味と概要について解説します。

食品・食材果物 一覧ドラゴンフルーツドラゴンフルーツとは
ドラゴンフルーツdragon-fruit

ドラゴンフルーツの概要

名称 ドラゴンフルーツ 学名 Hylocereus undatus
別名 ピタヤ
分類1 果物 分類2 サボテン科ヒロセレウス属
原産地 メキシコ 主な産地 沖縄県、鹿児島県など

ドラゴンフルーツとは?

ドラゴンフルーツは、サボテン科ヒロセレウス属に分類される果物の一種です。別名、ピタヤとも呼ばれます。

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツとは、サンカクサボテンの果実です。ドラゴンフルーツという名の由来は、果皮がまるで、ドラゴン(龍)のうろこのように見えるからと言われています。

本来は、ピタヤと呼ばれますが、ドラゴンフルーツという名のほうが広く親しまれています。また、メキシコなどの熱帯地方に生息する植物の実のことを、ピタヤと呼びます。

日本では、沖縄県と鹿児島県そして千葉県で栽培されています。濃いピンク色の皮に、鱗片のようなギザギザのある、派手な見た目が印象的ですが、外見とは裏腹に味はさっぱりと淡白な甘み、プチプチとした種とともに食べる果肉は、柔らかくサクサクとした食感が食べやすいと言えます。

ただ、本来のドラゴンフルーツはとても甘みが強い果物です。ですが、保存性が悪いため熟す前に収穫し輸入されています。スーパーなど店頭に並んでいるドラゴンフルーツでは、本来の味を堪能することは難しいかも知れません。

外皮が濃いピンクのドラゴンフルーツには、白い果肉の「ホワイトドラゴンフルーツ」、果肉が赤い「レッドドラゴンフルーツ」、果肉がピンクの「ピンクドラゴンフルーツ」、外皮が黄色く果肉が白い「ゴールデンドラゴン」があります。

また、「イエローピタヤ」は、甘みが強く外皮が黄色く果肉が白い特徴がありますが、これは、ハシラサボテンの果実で、セレニケレウス属になります。

ドラゴンフルーツは、ビタミンC食物繊維が豊富で健康や美容に効果のある女性にうれしい果物です。トロピカルフルーツの人気に加え健康効果にも人気が集まっています。

関連コンテンツ