かんぴょうdried-gourd-shavings

かんぴょうの旬は7~8月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 かんぴょう 分類 ウリ科ユウガオ属
旬の時期 7~8月ごろ 主な産地 栃木県など
効果 便秘生活習慣病むくみの予防効果(詳しくはかんぴょうの効能へ)

かんぴょう(ユウガオ)の旬は7~8月の夏

かんぴょうの旬は原料であるユウガオの旬になります。ユウガオの旬は、7月から8月の夏の時期になりますので、かんぴょうの旬もこの時期になります。

かんぴょうは、ユウガオと呼ばれる瓜科の果実をひも状に削り、干して乾燥させたものです。

もともと、アフリカ・アジアの熱帯地域が原産で、日本には3世紀ごろ伝わったと言われています。

関東ローム層での栽培は相性が良く、約300年前から栃木で栽培が始まりました。

現在でも栃木産のかんぴょうが国内生産の90%をまかなっています。

かんぴょうといえば、巻き寿司やちらし寿司の具として有名ですが、他にも煮物や酢の物、炒め物など豊富な調理方法があります。

栃木では、かんぴょうを使った、たまごとじ汁という料理が郷土料理として有名になっています。

関連コンテンツ

関連記事