ドリアンとは?ドリアンの意味と概要について解説します。

食品・食材果物 一覧ドリアンドリアンとは
ドリアンdurian

ドリアンの概要

名称 ドリアン 学名 Durio zibethinus
別名 -
分類1 果物 分類2 アオイ科ドリアン属
原産地 マレーシア半島、ボルネオ島 主な産地 タイ、フィリピンなど

ドリアンとは?

ドリアンは、アオイ科ドリアン属に分類される果実(熱帯)の一種です。

ドリアン

ドリアンとは、アオイ科に属する果実で食用として利用されます。熱帯地域で自生し、原産地はマレー半島からボルネオ島です。世界中に広まったのは17世紀から18世紀にかけてで、食用としてだけではなく観賞用としても用いられました。

ドリアンの木の高さは10~30mm、果実は大きなもので人の頭くらいの大きさがあり、重さは1.5~3Kgほど中には5Kgになるものもあります。表面は固い棘で覆われていて、マレー語で棘を意味する「duri」(ドリ)が名前の由来になっています。

果肉は、硫黄化合物が主成分の強烈な匂いが特徴で、ドリアン特有の匂いは腐った玉ねぎや都市ガスに例えられ、飛行機やホテルではドリアンの持ち込みを禁止している所も多いです。

主な産地はタイ、インドネシア、フィリピンなど東南アジアの国々で、生の状態だけでなく果肉を冷凍したものが世界各地に輸出されています。果肉はねっとりとした濃厚な味が特徴で、完熟すると匂いが強くなり甘味も増し食べごろです。

ドリアンの基本的な食べ方は、皮を剥いて4つか5つある塊を取り出すことから始まります。棘でけがをしないよう軍手をはめ気を付けてカットしてください。塊を取り出したら果肉と種に別け、冷やさずそのまま食べる方がねっとりとして濃厚な甘みを感じられ美味しいそうです。

また、ドリアン初心者の方にはモントーン種から挑戦するのがおすすめです。実はドリアンには2種類あり、よく強烈な匂いで話題になるドリアンはチャネー種です。モントーン種は、鼻につく香りや甘味が控えめで、堅すぎず比較的食べやすいのが特徴です。初めての方はモントーン種で、ドリアンの美味しさや魅力を存分に味わってみてください。

関連コンテンツ