ユーグレナとは?ユーグレナの意味と概要について解説します。

食品・食材ユーグレナユーグレナとは
ユーグレナeuglena

ユーグレナの概要

名称 ユーグレナ 学名 Euglena
別名 ミドリムシ
分類1 藻類 分類2 ユーグレナ植物門ユーグレナ藻綱ユーグレナ目
原産地 - 主な産地 沖縄県

ユーグレナとは?

ユーグレナは、ユーグレナ植物門ユーグレナ藻綱ユーグレナ目に分類される藻(微細藻類)の一種です。別名、ミドリムシとも呼ばれます。

ユーグレナ

ユーグレナとは、ミドリムシ属の総称で、名前にムシが付きますがわかめや昆布とおなじ藻の仲間です。ユーグレナは、淡水で育ち動物と植物の両方の特徴を持っています。

ユーグレナの特徴は、体長わずか約0.05mmと小さく、鞭毛運動をする動物的な性質を持ちながら、同時に緑葉体を持ち光合成を行い栄養を蓄えて育ちます。そのため、動物と植物の両方の性質を持つ珍しい存在です。

またユーグレナには、動物の栄養と植物の栄養を含むため59種類もの豊富な栄養を含むのも特徴です。とくに9種類の必須アミノ酸ミネラル、不飽和脂肪酸などを含みます。そして栄養の消化吸収を悪くさせる細胞壁がなく、細胞膜のみのため、栄養の消化吸収が良いのもユーグレナの特徴です。

近年は栄養価の高さから栄養補助食品として使われることも多くなりました。また、栄養問題の解決に導けると考えられていて、次世代の栄養食材として注目されています。今では、手軽にユーグレナが摂取できるよう、サプリメントや青汁、お菓子、調味料、また化粧品とあらゆる商品が販売されています。

さらに、次世代のバイオ燃料や肥料、飼料、水質浄化の研究としても使用されて、食用以外の利用方法も魅力と言えます。光合成をするユーグレナは成長する際に大量の二酸化炭素を吸収してくれるので、地球温暖化の防止に役立つと考えらて、さまざまな方面に活用が期待されています

関連コンテンツ