にんにくとは?にんにくの意味と概要について解説します。

食品・食材野菜 一覧にんにくにんにくとは
にんにくgarlic

にんにくの概要

名称 にんにく 学名 Allium sativum
別名 オオニンニク、オオビル、ヒル
分類1 野菜 分類2 ユリ科ネギ属
原産地 中央アジア 主な産地 青森、香川、岩手など

にんにくとは?

にんにくは、ユリ科ネギ属に分類される野菜(香辛野菜)の一種です。別名、オオニンニク、オオビル、ヒルとも呼ばれます。

にんにく

にんにくとは、球根(鱗茎)を食用としたユリ科のネギ属の野菜で、中央アジアのキルギス地方を原産地としています。紀元前3000年以上も前に古代エジプトからギリシャなどで、薬用として栽培されていました。

日本には中国を経由して、奈良時代頃にはすでに伝わっていたとされています。にんにくとなる球根に栄養分をため込むため、春になると花を付けるために伸びる花茎を刈り取ります。そして切り取った花茎は「にんにくの芽」として食します。

国産のにんにくの主な産地は青森で、生産量は全国の7割を占めています。毎日食べる場合、適しているベストな摂取量は、生では1片で、加熱した場合は2~3片が適量となります。

それ以上の食べ過ぎは、刺激が強いためが荒れたり、下痢などの症状が出る場合があります。にんにくは美味しいですが口臭や体臭の原因にもなるため、食べ過ぎには気をつけましょう。

にんにくには香り成分アリシンを含みます。がん予防効果が高く、冷え性や疲労回復にも優れています。他にも抗酸化作用免疫強化作用など、即効性が高いのが特徴的です。

関連コンテンツ