緑茶とは?緑茶の意味と概要について解説します。

食品・食材飲料 一覧緑茶緑茶とは
緑茶greentea

緑茶の概要

名称 緑茶 学名 Camellia sinensis(茶の木)
別名 -
分類1 飲料・嗜好飲料 分類2 ツバキ科ツバキ属(茶の木)
原産地 中国 主な産地 静岡、鹿児島、三重など

緑茶とは?

緑茶は、ツバキ科ツバキ属に分類される茶の木の新芽や葉から作られたお茶の一種です。

緑茶

緑茶とは、摘み取った茶葉をすぐ加熱処理した後、揉んで乾かして作られたお茶です。緑茶は、発加熱処理をする事で発酵を止める「不発酵茶」となります。また、ウーロン茶紅茶も緑茶と同じ茶葉で作られていて、半発酵させたものをウーロン茶、完全発酵させたものを紅茶といいます。

緑茶の種類には、製造方法や栽培方法などの違いで、主に「玉露、煎茶、てん茶、抹茶、茎茶、番茶」などがあり、それぞれ香りや味に特徴があります。またこの他にもほうじ茶玄米茶なども緑茶になります。

玉露は、収穫前に日光を遮って栽培し、渋みが少なくとてもうま味のある高級茶。煎茶は、日光を遮らず作り、ほどよい渋みすっきりとした甘みが味わいで、最も一般的。てん茶(碾茶)は、玉露より長く日光を遮って栽培し、茎を取り揉まずにそのまま乾燥して抹茶の原料に。

抹茶は、てん茶を石臼で挽いたものです。お茶だけではなく和菓子や洋菓子にドリンクと幅広く活用されています。茎茶は、新芽の茎を使用しさわやかな香りと甘味があるのが特徴です。なお、玉露などの高級なお茶の茎を使った茎茶の事を、雁金や白折といいます。

番茶は、緑茶の一般的な作り方から外れた「番外なお茶」の事を指します。摘んだ時期や、品質や地域が通常とは異なった比較的安いお茶となります。下級茶とされていますが、さっぱりとしてして苦味が少なく淡泊な味わいで、色が淡く透明度が高いため、ペットボトルのお茶としても利用されています。

緑茶は種類によっていれ方が異なります。美味しく緑茶を飲むためには、緑茶の種類によってお湯の温度、抽出時間をかえます。適切な温度と時間でいれることで緑茶本来の味と香りを楽しむことができます。

関連コンテンツ