はんぺんとは?はんぺんの意味と概要について解説します。

食品・食材はんぺんはんぺんとは
はんぺんhanpen

はんぺんの概要

名称 はんぺん 学名 -
別名 -
分類1 水産加工品 分類2 -
原産地 - 主な産地 -

はんぺんとは?

はんぺんは、魚肉のすり身にすりおろした山芋を加えて作られた加工食品(水産加工品)の一種です。

はんぺん

はんぺんとは、スケトウダラなどの魚肉のすり身にすりおろした山芋の白身などを混ぜて作られる魚肉の練り物製品です。薄い四角形や半月形などの形があります。

はんぺんに使われる原料の魚肉には、他にもヨシキリザメやアオザメ、オナガザメなどのサメ類やカジキなどが使われてます。ただ現在はサメを原料にしたははんぺんは高級品となります。

はんぺんの調理方法として、煮物や揚げ物、フライ、バター焼き、おでん、椀ものがあります。はんぺんの持ち味はふんわりとした滑らかな食感にあり、煮物に関しては煮汁をたっぷりと吸い込むのが特徴です。癖がなくシンプルな味わいなので基本的にはどのような料理にも合います。

はんぺんは、もともとは関東や東海地方で食べられていた地域性の高い食材でしたが、戦後に全国的に販売されるようになり知名度が上がったため日本全国に広がっています。

はんぺんと一口に言っても何種類もあって、一般的にイメージする白身魚を原料にした白いものだけではなく、静岡県ではイワシを丸ごと使った、いわゆる黒はんぺんと呼ばれる品も販売されています。原料によって味わいが異なり料理に合わせて選ぶことができます。

関連コンテンツ