みりんとは?みりんの意味と概要について解説します。

食品・食材みりんみりんとは
みりんhon-mirin

みりんの概要

名称 みりん 学名 -
別名 本みりん
分類1 調味料・香辛料類 分類2 -
原産地 - 主な産地 -

みりんとは?

みりんは、甘くてアルコール度数が14度ほどある酒類に分類されながら調味料として使われる酒類調味料の一種です。別名、本みりんとも呼ばれます。

みりん

みりんとは、酒類に分類される調味料ことで、主に調理の際にまろやかさやコクを出すために用いられます。みりんは、焼酎で割った柳蔭(やなぎかげ)をアルコール飲料として飲まれていたこともあります。正月のお屠蘇はみりんに生薬を加えた薬用酒です。

みりんの原料は、もち米と麹に焼酎(醸造アルコール)です。麹によってもち米が糖に分解されます。またアルコールを添加して発酵させるのでアルコールにより酵母の増殖が抑制されます。その結果、糖分がさほど消費されず糖度の高い非常に甘いお酒となります。

また、発酵の過程でアミノ酸など旨味成分が生じ、コクのある味がかもし出されます。この甘味と旨味が濃厚に現れる特徴により、料理に多用されるようになりました。

みりんは「本みりん」とも呼ばれます。これは「みりん風調味料」と明確に分けるためにしています。この2つ違いはアルコール度数と原料の違いです。みりんは糖化熟成でアルコール度数は14%程度です。みりん風調味料は1%程度ほどで糖類、米、米麹、酸味料や調味料などをブレンドしたものです。

関連コンテンツ