山椒とは?山椒の意味と概要について解説します。

食品・食材山椒山椒とは
山椒japanese-pepper

山椒の概要

名称 山椒 学名 Zanthoxylum piperitum
別名 ハジカミ、ジャパニーズペッパー
分類1 調味料・香辛料類 分類2 ミカン科サンショウ属
原産地 日本(北海道~九州)、中国、朝鮮半島 主な産地 和歌山県など

山椒とは?

山椒は、ミカン科サンショウ属に分類される香辛料の一種です。別名、ハジカミ、ジャパニーズペッパーとも呼ばれます。

山椒

山椒とは、ミカン科の落葉低木で山中に自生しています。雌と雄があり雌の木に果実がなります。一般に香辛料として利用されているのは、山椒の果実の外皮を粉末にしたもので、柑橘系の清涼感ある香りにピリッとしたしびれるような辛味が特徴です。

その他に山椒は、果実・若葉・花のすべてを使うことができます。「木の部分」は杖やすりこぎ棒に使われます。また、中国原産の花山椒は日本の山椒とは種類が異なり、さらに香り辛みが強く実も大きいそうです。

また、歴史的にも古くから多くの場面で活用されていました。日本や中国などでは山椒は古くから漢方薬などに用いられ、日本ではもっとも古くからある香辛野菜としています。また、古代中国では権力の象徴として、山椒の独特で優雅な香りを楽しむため壁に塗り込んでいたといわれています。

山椒が持つ独特の辛味や香り成分には、内臓器官の働きを活発にし消化不良や食欲不振の改善に効くほか、新陳代謝を良くする働きも期待できます。

山椒は、部位によって利用法が異なります。一般にもっとも利用される「山椒の外皮(割山椒)」は、うなぎに振り掛けたり七味などに利用されています。果実は、初夏が旬の「青山椒」と秋が旬の「実山椒」があり、ちりめん和えや醤油漬けなどで食べられます。

「木の芽(葉山椒)」は、山椒の若葉でお吸い物やちらし寿司に添えるだけでなく、つくだ煮や木のみ和えに。「花山椒は」山椒の黄色い花でつくだ煮やかき揚げなど。「辛皮」は山椒の木の若い樹皮で兵庫県の珍味で醤油で煮たり味噌漬けにし、お茶うけとして食べるそうです。

関連コンテンツ