ケチャップとは?ケチャップの意味と概要について解説します。

食品・食材ケチャップケチャップとは
ケチャップketchup

ケチャップの概要

名称 ケチャップ 学名 -
別名 トマトケチャップ
分類1 調味料・香辛料 分類2 -
原産地 アメリカ 主な産地 国内製造、アメリカなど

ケチャップとは?

ケチャップは、トマトピューレや調味料を合わせて作られた調味料の一種です。別名、トマトケチャップとも呼ばれます。

ケチャップ

ケチャップとは、トマトに調味料やスパイスを加えて作られる調味料のことです。1876年にアメリカのハインツ社によって初めて製造販売され、アメリカを代表する調味料となりました。

日本では、1903年に横浜の清水屋でケチャップ第一号が誕生しましたが、製造中止になってしまいました。ただ、近年当時のレシピをもとに「清水屋トマトケチャップ」が復刻しているそうです。大手メーカーのケチャップは、本場のアメリカの味では日本人が馴染みにくいため、日本人好みの味に改良されています。

おもにケチャップは、トマトピューレに、お酢、塩、糖類・玉ねぎ、香辛料を使って作られます。ケチャップは、使用されている原料が同じであっても、製造メーカーによって成分の含有率が異なるので、味や風味が異なります。

ホットドックやオムレツ、加熱しても風味が損なわれにくい特徴があることからチキンライスやナポリタンなど料理の味付けにも使用されます。また、お酢や食塩が含まれているため、隠し味として加えることで減塩効果も得られます。

ケチャップは空気に長時間触れ続けると風味が劣化、高温多湿の環境で放置すると成分が分離してしまうケースがあります。そのため、容器の空気をしっかりと抜き、冷蔵庫などの冷暗所での保管が大切です。

また、冷蔵庫に保存をしていても次第に品質が落ちるので、なるべく早めに使いい1ヵ月程度で使い切ることが望ましくなります。

関連コンテンツ