へちまの栄養と効能

食品・食材野菜 一覧へちま栄養効能
へちまloofah

へちまの栄養とその効能をご紹介!

へちまの栄養と効能

沖縄では家庭料理の食材であるへちま。へちまは水分が95%もある低カロリーな食材です。

ウリ科の食材は栄養が低いのが特徴ですが、夏の暑い時期に枯れずに育つへちまは、沖縄のような暑い地域にはピッタリの食材かも知れません。

また、古くからへちまから摂れる水分「へちま水」は化粧水として利用され、熟したものは乾燥させてタワシとして使用されてきました。

今回は、へちまの栄養にどのような効能があるのかをご紹介します。

カリウムが含まれている - むくみ・高血圧予防の効能

へちまには、ミネラルの一種であるカリウムの栄養が含まれています。

カリウムには、むくみの予防や改善、高血圧の予防などの効能があります。

カリウムはナトリウムとバランスを取り、過剰に摂り過ぎたナトリウムを体外に排出するため、むくみや高血圧を防ぎます。

また、へちまは水分が豊富なためより利尿作用に優れた食材です。

水溶性と不溶性の両方の食物繊維を含む - 便秘を解消する効果

へちまには、水溶性と不溶性の2つの食物繊維を含んでいます。

食物繊維には、腸の調子を整える整腸作用や便秘を改善・予防する効能があります。

とくに、へちまに含まれる水溶性食物繊維であるペクチンは、血糖値の急な上昇や脂質の吸収をを抑えるため、糖尿病や肥満を予防する効果もあります。

サポニンも含んでいる - アンチエイジング効果

へちまは、サポニンも含んでいます。

サポニンには、抗酸化作用があり老化やがん、生活習慣病などを予防し、アンチエイジング効果があります。

また、美肌をつくる効能もあるとされ肌のターンオーバーを促進する効果や日焼けした肌のほてりや炎症を鎮める効果があります。

そのため、へちま水をパッティングやシートマスクを利用して肌のお手入れに使用されています。

β-カロテンやビタミンC - 抗酸化作用

へちまは量は少ないですが、βカロテン、ビタミンCも含んでいます。

β-カロテンやビタミンCは抗酸化作用がある栄養素で、サポニン同様生活習慣病の予防やアンチエイジング効果などがあります。

また、ビタミンCにはシミやシワを予防して美白効果などが期待されます。

葉酸やビタミンKも含む - 造血のビタミンと止血のビタミン

こちらも少量ですが、へちまはビタミンB群の葉酸やビタミンKを含みます。

葉酸は、造血のビタミンとも呼ばれ、ビタミンB12とともに赤血球を作り、貧血予防の効能があります。

また、ビタミンKは、止血のビタミンとも呼ばれ、出血をした際に正常な止血をする働きをします。

関連コンテンツ

関連記事