舞茸の旬は?

舞茸maitake

舞茸の旬の時期は9~10月

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
名称 舞茸 分類 サルノコシカケ科マイタケ属
旬の時期 9~10月ごろ 主な産地 新潟、静岡、福岡など
効果 がんの抑止効果、便秘解消、肌荒れ予防、など(詳しくは舞茸の効果へ)

天然の舞茸の旬は9~10月の秋が旬

天然の舞茸の旬は9~10月ごろになります。

舞茸は、見つけた人がうれしくて舞い上がってしまうことから、「マイタケ」と名づけられたと言われます。

天然の舞茸はとても貴重で、出回っている舞茸は人工栽培されているため、実質旬はないようなものです。

舞茸の生産量は、新潟が全国の約60%を占め、次いで静岡、福岡県になります。

舞茸には茶色と白の2種類があり、一般的は舞茸は、茶褐色で平たい扇状のかさが何重にも重なり、香りと歯ごたえの良さが特徴です。

色が白い白舞茸は、アクが少なく一般的な舞茸と違い、色落ちせず煮汁が黒くならない特徴を持っています。含まれる栄養素はほぼ変わりません。

舞茸は、軸は白く硬めでハリがあり、かさは厚みがありパリッとしているものが美味しいと言われています。

舞茸のうまみ成分や栄養素は水溶性で、茹でると流れ出てしまいます。炊き込みご飯など煮汁ごと食べる料理が、無駄なく舞茸の栄養素を摂取することができす

関連コンテンツ

関連記事