舞茸とは?舞茸の意味と概要について解説します。

食品・食材舞茸舞茸とは
舞茸maitake

舞茸の概要

名称 舞茸 学名 Grifola frondosa
別名 -
分類1 きのこ 分類2 サルノコシカケ科マイタケ属
原産地 不明 主な産地 新潟、静岡、福岡など

舞茸とは?

舞茸は、サルノコシカケ科マイタケ属に分類されるきのこの一種です。

舞茸

舞茸とは、食用きのこの一つで、1983年頃から大量に人工栽培されるようになりました。名前の由来は「その美味しさに見つけた人が舞い上がって喜んだから」や「幾重にも重なる傘が舞っているように見える」という説があります。

舞茸には、一般に出回っている濃い茶褐色だけでなく、白色の舞茸もあります。どちらも香りと旨味があり、コリコリとした大変歯触りの良い食感が特徴です。栄養面では食物繊維が豊富で便秘解消の効能があり、大腸がんの予防に効果があります。

一般的に出回っている舞茸は菌床栽培で手ごろな価格で販売されています。原木で栽培されている舞茸も出回りますが高価となります。また、天然の舞茸は全国で採れますが貴重なためさらに高価にです。

舞茸は、生では食べられないので必ず加熱調理をします。天ぷらや煮物、炊き込みごはんなど、どんな調理法でも美味しく食べられるきのこです。良い舞茸の選び方は、傘の部分は色濃く肉厚で軸の部分は白くて全体に張りのあるものが美味しく食べられます。

鮮度が下がると傘の部分が湿ったようにしなびてきます。舞茸は買って3日以内に食べきるのがベストです。また冷凍保存は1ヶ月ほどもちます。冷凍すると細胞壁が壊され、旨みや栄養素が溶けだしやすくなり、冷凍する前に比べると旨みがグンと上がります。

関連コンテンツ