水菜とは?水菜の意味と概要について解説します。

食品・食材野菜 一覧水菜水菜とは
水菜mizuna

水菜の概要

名称 水菜 学名 Brassica rapa var. nipposinica
別名 京菜(ミズナ)、センスジナ、ヒイラギナ
分類1 野菜 分類2 アブラナ科アブラナ属
原産地 日本 主な産地 京都、茨城など

水菜とは?

水菜は、アブラナ科アブラナ属に分類される野菜(緑黄色野菜)の一種です。別名、京菜、千筋京菜、ヒイラギナとも呼ばれます。

水菜

水菜とは、古くから京都で栽培される壬生菜とならぶ人気の京野菜の一つです。水菜は葉の形からヒイラギナと呼ばれたり、細い葉柄がたくさん伸びる事からセンスジナと呼ばれる事もあります。

寒さに強いといった性質を持っており、野菜が不足してしまいやすい冬場も収穫出来る事から、関西で古くから親しまれてきた野菜の一つとなります。水耕栽培のものが周年出回っていますが、本来は冬から春にかけてが旬として、出回り時期のピークは12~3月とされています。

水菜の原産地となる京都では、大きな株のものが主流とされていましたが、近年では株が小さいうちに早取りして袋に入れているものがほとんどとなりました。シャキシャキとした食感を特徴としているため、鮮度には特に気をつけたい野菜です。

新鮮なものの見分け方は、茎の部分がみずみずしく、葉先がしなびていないものを選ぶといいでしょう。保存する場合は、傷む原因となる水気をしっかりと切り、ペーパータオルを敷いたビニール袋に入れてしっかりと閉め、冷蔵庫へ入れるといいでしょう。

水菜は、β-カロテンを含み、動脈硬化や心筋梗塞の予防にも役立つと言われています。また、肌荒れや風邪の予防に効果のあるビタミンCを豊富に含んでいます。

関連コンテンツ