モリンガとは?モリンガの意味と概要について解説します。

食品・食材その他食品モリンガモリンガとは
モリンガmoringa

モリンガの概要

名称 モリンガ 学名 Moringa oleifera
別名 ワサビノキ、マルンガイ
分類1 その他 分類2 ワサビノキ科ワサビノキ属
原産地 インド原産 主な産地 アフリカ、インド、東南アジアなど

モリンガとは?

モリンガは、ワサビノキ科ワサビノキ属に分類されます。別名、ワサビノキ、マルンガイとも呼ばれます。

モリンガ

モリンガとは、インド原産の樹木でワサビノキ科で唯一のワサビノキ属に分類されています。日本では主に沖縄県と熊本県の一部で栽培されています。

栄養価が高いことから、葉を煎じるなどして服用すると様々な効能を得ることができると期待されています。

モリンガに関しては、インドの伝統的医術書で5000年もの歴史がある『アーユルヴェーダ』に、記述があるほど古くから服用されてます。

近年は、栄養価の高さから、飢餓対策のためのスーパーフードとして、2007年に国連の「世界食料計画」によって栄養補助食品に認定されました。

モリンガは、必須アミノ酸9種類すべて、非必須アミノ酸も9種類と、アミノ酸だけでも18種類も含んでいます。

その他にも、食物繊維、ビタミン・ミネラルポリフェノールGABA(ギャバ)といった多くの有効成分が含まれていることから、美肌やアンチエイジング美容ストレスの軽減に効果的です。

モリンガには副作用が無く、誰でも手軽に服用できる点も大きな魅力です。アレルギーが気になったり、妊娠している人などが服用したい場合は、事前に医師に相談しておくと十分な措置を得ることができます。

関連コンテンツ