モロヘイヤとは?モロヘイヤの意味と概要について解説します。

食品・食材野菜 一覧モロヘイヤモロヘイヤとは
モロヘイヤmulukhiya

モロヘイヤの概要

名称 モロヘイヤ 学名 Corchorus olitorius
別名 シマツナソ(縞綱麻)、タイワンツナソ、ナガミツナソ
分類1 野菜 分類2 シナノキ科ツナソ属
原産地 中近東 主な産地 群馬、三重、沖縄など

モロヘイヤとは?

モロヘイヤは、シナノキ科ツナソ属に分類される野菜(緑黄色野菜)の一種です。別名、シマツナソ、タイワンツナソ、ナガミツナソとも呼ばれます。

モロヘイヤ

モロヘイヤとは緑黄色野菜の中でもトップクラスの栄養素を持つ健康野菜として注目されるは葉野菜です。

モロヘイヤに含まれる栄養素には、ビタミンCE・B群、β-カロテンカルシウムなどが豊富に含まれます。中でも葉酸は100グラム当たり250μg含まれており、妊娠中の女性の強い味方でもあります。

また、女性に多い悩みの1つである便秘の解消にも一役買ってくれるお野菜です。モロヘイヤに含まれるネバネバ成分のマンナンは水溶性の食物繊維で自然なお通じへと向かわせてくれるのです。

そんなモロヘイヤはクセも少なく、スープやお浸し、和え物など色々な方法で美味しく食べることが出来ます。独特のネバネバした食感は他の食材や調味料とよく絡み、より一層美味しさを引き立ててくれます。モロヘイヤの下準備としては、サッと塩茹ですることで、アクや苦みやえぐみの元であるシュウ酸を取り除くことが出来ます。

元々の原産地が暑い国であり、主に7~9月の夏に旬を迎えます。モロヘイヤは栄養豊富なため「野菜の王様」とも呼ばれます。食卓の一品にモロヘイヤを積極的に利用してみましょう。

関連コンテンツ