マッシュルームとは?マッシュルームの意味と概要について解説します。

食品・食材マッシュルームマッシュルームとは
マッシュルームmushroom

マッシュルームの概要

名称 マッシュルーム 学名 Agaricus bisporus
別名 シャンピニオン、ツクリタケ
分類1 きのこ 分類2 ハラタケ科ハラタケ属
原産地 ヨーロッパの草原地帯 主な産地 千葉、岡山、茨城など

マッシュルームとは?

マッシュルームは、ハラタケ科ハラタケ属に分類されるきのこの一種です。別名、シャンピニオン、ツクリタケとも呼ばれます。

マッシュルーム

マッシュルームとは、ハラタケ科の食用きのこです。丸くコロンとしたカサをもち、きのこ類で唯一、生食ができるのが特徴です。ヨーロッパが原産のマッシュルームは、大正時代に日本に伝わり明治になると本格的に栽培が始まりました。以前は、缶詰めのマッシュルームがほとんどでしたが、今では生のマッシュルームが手軽に買えるようになっています。

マッシュルームには、4つの種類があります。ホワイトは最も多く出回る種類で淡泊な味で、生食ではシャキッとした歯ごたえが楽しめます。ブラウンは、香りや風味が強くホワイトより締まった肉質で加熱料理に合います。

ジャンボマッシュルームは、カサが開くまで育てるため15~20cmほど大きくなります。風味が良く肉厚で歯ごたえがよく、この大きさを生かして丸ごとステーキや肉詰めなどに最適です。その他オフホワイトやクリームなどもあります。

おもな料理としては、シチューやスープ、ピザ、アヒージョ、などの西洋料理によく使われます。加熱調理のレシピが多いですが、生食ができるためサラダにして食べることもできます。

マッシュルームの主に挙げられる栄養素としては食物繊維で、を刺激し便の排泄を促進する効能があります。また、低カロリーなのでダイエット料理の材料としても利用され、ダイエット効果を期待することができる食材です。

関連コンテンツ