さんまとは?さんまの意味と概要について解説します。

食品・食材魚・魚介類 一覧さんまさんまとは
さんまpacific-saury

さんまの概要

名称 さんま 学名 Cololabis saira
別名 カド
分類1 魚・魚介 分類2 サンマ科
原産地 - 主な産地 北海道、宮城、福島など

さんまとは?

さんまは、サンマ科に分類される魚の一種です。別名、カドとも呼ばれます。

さんま

さんまとは、回遊魚で北太平洋に広く分布しアメリカ大陸沿岸にも生息します。成魚は全長35cmほどで細長い体型をしているのが特徴です。群れを形成して生活し、水中を素早く移動できる魚ですが、外敵から逃げる際には滑翔することもできます。

国内の主な産地は、北海道、宮城県、福島県、岩手県、富山県などで、漁獲量トップの北海道だけで国内さんま漁獲量の半分以上を占めています。水揚げ漁港としては根室漁港、女川漁港、気仙沼漁港が漁獲量が多く、釧路の「青刀」や厚岸の「大黒さんま」などはブランド化され、市場で高値取引されています。

「秋刀魚」とも表記される通り秋を代表する魚で、脂がのって食べごろになる9~11月にかけて漁が盛んになります。秋に太平洋側でとられているさんまはオホーツク海から南下してきたもので、千葉県の銚子沖まで南下した頃に身に含まれる脂の量がピークに達します。

日本近海を回遊しているのが特徴で夏場でもさんまを獲ることはできますが、夏場のさんまには殆ど脂がのっておらず、味も淡白で美味しくありません。

塩を軽くふった塩焼きがもっともポピュラーなさんまの食べ方ですが、水揚げ量が多く新鮮なさんまが入手しやすい東北や北海道の産地では、さんまを刺し身として食べるのが一般的です。

関連コンテンツ