落花生とは?落花生の意味と概要について解説します。

食品・食材種実類 一覧落花生落花生とは
落花生peanuts

落花生の概要

名称 落花生 学名 Arachis hypogaea
別名 ピーナッツ、南京豆
分類1 種実 分類2 マメ科ラッカセイ属
原産地 南米 主な産地 千葉など

落花生とは?

落花生は、マメ科ラッカセイ属に分類される豆類ですが、日本では主に種実類の一種としています。別名、ピーナッツ、南京豆とも呼ばれます。

落花生

落花生とは、原産地が南米のマメ科の一年草で、鞘の中にある種子を食べます。江戸時代に日本に持ち込まれ、南京豆とも呼ばれます。一般的にはサヤのままのものを落花生、殻から取り出した実だけのものをピーナッツと呼ぶことが多いです。

落花生は夏に黄色い花をつけますが、受粉して花が落ちて実が生まれるのでここから「落花生」という名がついたと言われています。また、落花生の実は地上ではなく地中で実がなります。収穫最盛期は9月の下旬から10月にかけてで、収穫後一週間ほどの地干しを経てから出荷されます。

日本での産地としてはまず千葉県が挙げられます。千葉県は平成26年度では全国生産の約80%を占めるほどの産地で、次は茨城県になっており、こらちは約12%を占めています。なお市場に流通しているものは外国産が非常に多いのですが、海外での最大生産地は中国で、その他インドやナイジェリアでも栽培されています。

落花生は栄養価が高いことでも知られ、脂質やビタミン、ミネラル類が含まれています。とくに落花生の種子を包んでいる薄皮には抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれています。

落花生の食べ方や料理法としては、鞘ごと煎ったもの、鞘から取りだした落花生に、塩やバターで味を付けたものや茹でピーナッツが一般的です。この他にサラダ、スイーツ、醤油味噌と幅広く利用されます。

関連コンテンツ