食品・食材種実類 一覧えごまえごまとは
えごまperilla-frutescens

えごまとは?- 種と葉の用途と食べ方について

えごま

えごまとは何かについて詳しくご説明します。

えごまがどのような植物なのかに加え、主な用途やごまやしそとの違い、食べ方などをご紹介します。

えごまって何?- 概要と用途について

えごまの葉

えごまとは?

えごまとはシソ科の植物です。一般的には植物全体を指しますが、えごまの実から出る種子を指す場合もあります。油荏(あぶらえ)、荏(え)、十稔(じゅうねん)とも呼ばれます。

えごまの果実は、蒴果(さくか)に分類され、実が熟すと乾燥して果皮の一部が裂けて中の種を放出します。種は黒褐色や茶褐色をしており、葉や茎は浅い緑色をしています。

東南アジアが原産で、インド、中国、朝鮮半島、日本などで古くから栽培または自生しています。

「ごま」ではなく「しそ」の仲間

よく「ごま」と同じ種類かと勘違いされる方がいますが、ごまとは種類が異なります。

えごまはごまの仲間ではなく「しそ」の仲間です。しそとは同一種内の変種関係にあります。そのため、しその葉とえごまの葉はよく似ています。

高さは80cm~1mほどで、しそよりもやや大きく、茎が太いのが特徴です。しそとの最大の違いは葉の臭いです。えごまの葉には一種の臭気があります。秋に密集した白い花を開き、花冠は白くわずかに紫色を帯びています。

主な用途は「種」を油に - えごま油

えごまの油と種と葉

えごまの最も多い用途は「種を精油として使う」点ですね。

えごまの種には多くの油が含まれており、古く日本では灯明油(とうみょうゆ)として活用されてきました。

灯明油とは神社や仏閣で神仏に供える灯火(ともしび)を燃やす油のことです。その後、なたね油が用いられるようになり生産量は減少しました。

しかし、近年、えごま油がα-リノレン酸を多く含むことが注目され、食用油としても利用する人が増えてきました。

一度、えごまの生産は減少しましたが、近年では食用油として再び、脚光を浴びるようになったんですね。

えごまの概要

名称 えごま 学名 Perilla frutescens
別名

荏(え)、荏油(えあぶら)、十稔(じゅうねん)

分類1 種実類 分類2 シソ科シソ属
原産地 東南アジア 主な産地 東南アジア

えごまの食べ方は?- 種と葉の食べ方をチェックしよう!

「種」は炒ってすりつぶす - ごまの代用として食べよう!

ボウルに入ったえごまの種

さて、近年の健康ブームでえごま油は有名ですが、えごまそのものは食べられるのでしょうか?

まず種ですが、こちらは炒って食べることができます。ごまの代用として利用することができますね。作り方は簡単で、えごまの種を炒ってすりつぶし、小松菜やほうれん草と和えるだけです。簡単ですね。

また、木曽や飛騨高山の郷土料理である「五平餅」のタレには、えごまの種が利用されています。地域によってはごまを使うところもありますが、えごまを利用している地域もあります。

いずれも、ごまの代用として利用できますね。今までごまを使っていた料理をえごまに代用するだけですので、とっても簡単です。

「葉」は食べられるがクセがある

えごまの葉

えごまの葉も食べることができます。生で食べることもできますし、しょうゆ漬けや天ぷらにも利用できます。

こちらはシソの葉の代用としても使えますね。ただし、えごまの葉は独特の臭いがあり、人によっては不快臭とされています。

見た目はシソと変わりないのですが、においはかなり違います。特に、日本人には敬遠されがちな臭いですのでご注意ください。

一方、韓国や朝鮮では好まれており、「ケンニプ」と呼ばれ料理によく利用されています。韓国では主にキムチを包んで食べられています。

関連コンテンツ