プルーンとは?プルーンの意味と概要について解説します。

食品・食材果物 一覧プルーンプルーンとは
プルーンprune

プルーンの概要

名称 プルーン 学名 Prunus domestica
別名 セイヨウスモモ
分類1 果物 分類2 バラ科スモモ属
原産地 コーカサス地方 主な産地 長野、北海道、青森など

プルーンとは?

プルーンは、バラ科スモモ属に分類される果物(仁果)の一種です。別名、セイヨウスモモとも呼ばれます。

プルーン

プルーンとは、バラ科スモモ亜属の西洋スモモの総称です。プルーンの原産地は黒海とカスピ海の間にあるコーカサス地方です。

19世紀にはフランス人がカリフォルニアにプラムを移植し、品質改良を重ねて「カリフォルニアプルーン」が生まれました。現在ではプルーンの世界生産の多くがこの種類となり、カリフォルニアは世界的なプルーンの産地になっています。

日本での産地は長野県、北海道、青森などで、特に第一位である長野県の生産量が非常に多く、平成24年のデータでは全国生産の7割を占めています。プルーンの特徴としては雨に弱く、裂化が起こりやすいということが挙げられます。そしてこの特徴のため、育成は比較的雨が少ない地方でということになります。

国産のものは甘味が強く、そのまま食べるのに適した美味しさです。また、プルーンの食べ方としては生で食べる他、ドライフルーツ、ジャムやコンポート、甘露煮などの他、肉料理に添えることもできます。

日本すもも(プラム)と同じ植物ですが、見た目だけでなく味も少し異なるため、生の西洋スモモ類、ドライフルーツ、ペーストをプルーンと区別して販売されています。

また、皮には体に良いとされるポリフェノールがたくさん含まれているので、皮ごと食べるのも勧められます。さらに、食物繊維も含みアンチエイジング便秘など、美容効果が期待されています。

関連コンテンツ