レバニラとは?レバニラの意味と概要について解説します。

食品・食材レバニラレバニラとは
レバニラrebanira

レバニラの概要

名称 レバニラ 学名 -
別名 ニラレバ
分類1 料理 分類2 -
原産地 - 主な産地 -

レバニラとは?

レバニラは、レバーとニラを炒めた料理で中華料理の一種です。別名、ニラレバとも呼ばれます。

レバニラ

レバニラとは、「レバニラ炒め」の略称でレバーニラを調味料で炒めた中華料理のことを指します。また「ニラレバ」とも呼ばれますが、どちらも同じ材料と調理でとくに違いはありません。ちなみに中国語では「韮菜炒牛肝」と表記しニラが先にきます。

現在では「レバニラ炒め」と呼称するのが一般的になっています。その背景には、テレビアニメ「天才バカボン」の影響があるとし、アニメのなかで「レバニラ炒め」と表現したことから、この呼び方が定着したと言われています。

「レバニラ炒め」の作り方はいたってシンプル。下処理した鶏、豚、牛などのレバーとニラを、ねぎ生姜にんにくなどの香味野菜とともに炒め、砂糖、塩、醤油、酒などの調味料で味付けすれば完成です。また、レバーとニラのほかに、もやし玉ねぎ人参などを入れる場合があります。

レバニラ炒めの最も良いところは、ニラに含まれるアリシンがレバーに含まれるビタミンB1と結びつき、体内に長くとどまることで疲労回復の効果が持続することです。レバーとニラを一緒に摂ることで、さらに栄養価が高まります。

関連コンテンツ