タイガーナッツとは?タイガーナッツの意味と概要について解説します。

食品・食材野菜 一覧タイガーナッツタイガーナッツとは
タイガーナッツtiger-nut

タイガーナッツの概要

名称 タイガーナッツ 学名 Cyperus Esculentus
別名 アースアーモンド
分類1 野菜 分類2 カヤツリグサ科
原産地 アフリカ 主な産地 スペインなど

タイガーナッツとは?

タイガーナッツは、カヤツリグサ科に分類される植物の塊茎で野菜の一種です。別名、アースアーモンドとも呼ばれます。

タイガーナッツ

タイガーナッツとは、ショクヨウガヤツリの根にできるジャガイモのような塊茎で、イネ科の植物に近い存在です。

タイガーナッツはナッツと名前についていますが、ナッツの仲間ではなく、カヤツリグサ科の植物で、模様がトラのようだからとタイガーナッツと呼ばれるそうです。

およそ4000年前に発見されたタイガーナッツは、時代と共にその姿も変遷をし、現在に至っています。アフリカでは何世紀にもわたって重要な食物として食べられ、エジプトの石棺からも発見されるほど重要な存在だったそうです。

タイガーナッツはエジプトからスペインに渡り、今ではスペインがタイガーナッツの原産国にもなっています。スペインではタイガーナッツを「チュファ(Chufa)」と呼び、オルチャータと呼ばれるベジタブルミルクで飲まれています。

タイガーナッツは、食物繊維が豊富で20粒ほどでごぼう一本分に匹敵すると言われます。また、カリウムも豊富なため便秘解消や利尿作用など、デトックス効果に優れています。その他、抗酸化作用生活習慣病の予防にも効果的です。

オルチャータの作り方は、一晩水につけたタイガーナッツとお水をミキサーにかけて作ります。甘くて美味しいと評判で、また、そのまま食べたり、粉末に加工されたタイガーナッツも販売されています。

関連コンテンツ