杜仲茶とは?杜仲茶の意味と概要について解説します。

食品・食材飲料 一覧杜仲茶杜仲茶とは
杜仲茶tochuu-tea

杜仲茶の概要

名称 杜仲茶 学名 Eucommia ulmoides(杜仲)
別名 -
分類1 嗜好飲料類 分類2 トチュウ科トチュウ目(杜仲)
原産地 中国(杜仲) 主な産地 中国など(杜仲)

杜仲茶とは?

杜仲茶は、トチュウ科トチュウ目に分類される植物の葉から作られるお茶の一種です。別名、とも呼ばれます。

杜仲茶

杜仲茶とは、中国の四川省にある杜仲の葉を使った茶です。中国ではお茶ではなく樹皮を生薬として利用していました。杜仲茶には優れた効果効能があり、日本では広く親しまれ何度もブームを迎えたことのある健康茶です。

杜仲の木は、高さがおよそ20mにもなり、葉の大きさは5cmから15cmほどです。葉の形は楕円形でのこぎり歯状になっており、葉を手で裂くと粘液質の白い糸を引く特徴があり、天然のゴムに利用されています。

杜仲茶には、杜仲葉配糖体(とちゅうようはいとうたい)と呼ばれる有効成分が豊富で、この成分が配合された商品は、トクホ商品として認められています。

副交感神経の働きを高める成分や血圧の降下作用、現代人の多くが抱える生活習慣病ストレスの解消、さらに女性の悩みである冷え性便秘などの予防や改善を期待でき注目を集めているのです。

今となっては、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどにおいて、誰でも入手できるようになっています。また、簡単に煮出すだけで作れるのも人気のひとつです。

関連コンテンツ