ローズマリーの効能と効果

ハーブ・アロマ > ローズマリー効能効果
ローズマリーrosemary

ローズマリーの効能と効果 - アロマやハーブティーの使い方

ローズマリーの効能と効果

ローズマリーの効能と効果をお伝えします

料理では肉の臭みを取ることで知られるローズマリーは、古代ギリシャやローマ時代では、若さを保つ薬草として利用されてきた歴史があります。

現在では肉や魚料理、クッキーやパンなどの香辛料やハーブとして使う以外にも、ハーブティー、アロマ、化粧品などに幅広く利用されています。寒さにも強く常に利用できるため、家庭で育てると便利なハーブです。

今回はローズマリーの効能や効果、主な使い方についてまとめています。

ローズマリーとは?

あああ

ローズマリーとは地中海沿岸原産のシソ科の植物で、高さが60~120cmほどの寒暑に強い常緑小低木です。和名ではマンネンロウ(万年朗)と呼ばれます。

枝がまっすぐ伸びる立性と、横に広がる這性、その中間のタイプがあり、花は青やピンク、白色の小さな花を咲かせる種類があります。葉が特徴的で3cmほどの細長い針のような形で、表は緑色、裏側は灰色を帯びています。葉を触るとベタつきますが、これは精油成分を多く含むためです。

ローズマリーは古くから用いられていて、古代エジプトのお墓の中で発見されたり、古代ギリシャやローマ時代には老化を防ぐ効能があると信じられ、数多くの薬草書に記録されてきました。

スパイシーでツンとする香りが長く続くローズマリーは、今でもヨーロッパでは結婚式や魔よけのハーブとして用いられています。

日本への渡来は文政年間、ローズマリーは国内でも育てやすく初心者にも向いています。料理やハーブティー以外にも精油はアロマや芳香剤、スキンケアやヘアケアといった化粧品に用いられています。

アロマとしての使い方と効能

あああ

ローズマリーオイルの使い方・アロマの香りで充実感!

ローズマリーの身近な使い方は料理ですが、アロマオイルとしても活用されています。アロマオイルは葉を水蒸気蒸留で抽出し、無色に近い薄黄色を帯びたオイルです。

アロマオイルの使い方は、アロマデュフーザー、アロマバスや足湯、植物油で希釈してオイルマッサージや、無水エタノールを使った化粧水などに利用可能です。

ローズマリーオイルは清涼感とやや強めの刺激的な香りがします。刺激的な香りは朝の目覚めに最適で、香りの相性が良いペパーミントやレモンのアロマオイルとブレンドする使い方もおすすめです。

ローズマリーオイルは3種類 - 主要成分と香りが異なる

ローズマリーには3つのアロマオイル(品種)があります

植物学的に同系、同種(学名が同名)であっても、土壌や気候などの生育環境の違いで精油成分の構成が異なります。これをケモタイプと呼び、それぞれ香りや作用が違ってきます。

ローズマリーは「ローズマリーシネオール」「ローズマリーカンファー」「ローズマリーベルベノン」の3つのケモタイプに分かれ、アロマアイルも成分によって区別されています。(※3つともすべての成分を含むが、含有率の高さで分けられる)

種類 香り 効能・効果
ローズマリーカンファー ローズマリーの中でも、くっきりとした樟脳臭、好き嫌いが分かれる 血行の促進
ローズマリーシネオール スーッとしたクリアな香り 集中力の向上、頭をスッキリ
ローズマリーベルベノン ローズマリーの中では最もフレッシュな香り 消化促進やホルモンの調整

一般的にローズマリーと呼ばれているのが、シネオールです。

アロマオイルの効能と効果

  • 血行の促進効果
  • 肌荒れの予防、肌のくすみを改善
  • 抗酸化作用

ローズマリーオイルの成分には、ルテリオンと呼ばれる成分が含まれています。この成分の作用には血液循環を促す効能があるので、血の巡りを良くして、血行不良による肩こり腰痛頭痛冷え性の改善に有効です。

アロマ入浴では、筋肉疲労や筋肉痛むくみに効きます。入浴中のマッサージはよりアロマの効能を高められます。

ローズマリーはハーブ類の中でも抗酸化作用が高く、若返りのハーブとして化粧品類に用いられています。アンチエイジングや美容効果も期待でき、肌のたるみ、くすみが気になる方はロズマリーローション(化粧水)を作ってみるものいいでしょう。

※刺激が強いので、ローズマリーの精油を原液のまま肌につけたり、飲んだりは絶対にしないでください。

ハーブティーとしての使い方と効能

あああ

ローズマリーのハーブティーは乾燥より生葉がマイルド!- スパイシーな味わい

ローズマリーはハーブティーとしても飲まれています。ドライハーブよりも、生葉をお湯で抽出する方がマイルドな味わいです。

スパイシーで甘くほろ苦く、さっぱりとした味わいですが、ローズマリーは香りが強いので、はちみつをプラスすると飲みやすくなります。

飲み方はシングルかブレンドです。相性の良いハーブはペパーミント、レモンバーベナ、タイム等で、これらをブレンドしたハーブティーがおすすめです。

ハーブティーの効能と効果

  • 集中力・記憶力のアップ
  • アンチエイジング効果
  • 消化促進、お腹のハリの緩和

ローズマリーのハーブティーは香りが刺激的ですが、それによって脳が活発化して記憶力や集中力を高める効能が発揮され、認知症の予防効果も期待されています。

血行を良くする効能は代謝を高めるのにも有効で、疲労の回復も早めてくれますアンチエイジングの他、更年期障害の緩和にも役立ちます。

ローズマリーのハーブティーは消化や殺菌作用にも優れるので消化不良やお腹のハリを緩和したり、ハーブティーのうがいで風邪予防にも効果的です。

関連コンテンツ

関連記事