サンダルウッドの効能と効果

ハーブ・アロマ > サンダルウッド効能効果
サンダルウッドsandalwood

サンダルウッドの効能と効果 - 高貴な香りで心身のリラックス・肌の質を最良に

サンダルウッドの効能と効果

サンダルウッドの効能や効果についてお伝えしていきます

サンダルウッドは日本では白檀の名で親しまれている香木です。お寺で焚かれていたり、スティックやコーンタイプのお香などが販売されています。

深みのある甘い香りはオリエンタルな雰囲気があり、心身をリラックスさせたり、女性にはうれしい肌の質を整える効能が期待できます。

そんな、サンダルウッドの主な効能や効果をまとめています。

サンダルウッドとは?

サンダルウッドの木

サンダルウッドとは、インド原産のビャクダン科の植物で、3~10mほどの高さに成長する常緑小高木です。半寄生植物で他の植物に根を寄生させて養分を吸収する性質があります。

サンダルウッドは英語名で、サンスクリット語ではチャンダナ、日本では白檀の名で親しまれています

原産地のインドでは古くから栽培が行われていたそうで、建材や家具、瞑想時に用いられてきました。また、仏教とともに日本に伝わると、仏具や扇子の骨、数珠、お香と幅広く利用されてきたので、どこか懐かしさを感じられる香りかと思います。

サンダルウッドの栽培は難しいうえに、乱伐や伐採などの枯渇化で絶滅危惧種となり、今では栽培や輸出はインド政府が管理しています。そのため、厳しい規制が敷かれ大変貴重な香木となっています

精油としての使い方と効能

ウッドチップと小瓶に入ったオイル

定着性が高く香り続ける精油 - 芳香浴や肌にも使える

サンダルウッドの精油は、心材を用いて水蒸気蒸留法で採油します。20Kgの心材から約1kgの精油が抽出できると言われています。

サンダルウッドは落ち着いた深みのある甘い香りが特徴です。とくにインドのマイソール産のものは質が良く、柔らかい香がいつまでも続く定着性の高い精油です。

サンダルウッドの精油の使い方は、アロマバスや芳香浴、ボディやフェイス、ハンドなどのマッサージに利用できます。

また、瞑想ヨガなどにも用いられ、雑念を取り払うサポートにもなります。

サンダルウッドの精油は乾燥した肌の質を整えるのに適しているので、精油をキャリアオイルとブレンドしたオイル、精油を使ったハンドクリームで、肌質の改善に使うのもおすすめです。

深いリラックスを促す効能・良質な肌づくりをサポート

  • 鎮静作用・リラックス効果
  • 肌の保湿・収れん作用
  • 殺菌・抗炎症作用

サンダルウッドの精油成分には、α-サンタロール、β-サンタロールが含まれているのが特徴で、効能には鎮静や殺菌、利尿作用があります

サンダルウッドの効能には、深いリラックス効果があります。興奮した神経を鎮めてくれるので、眠りが浅いや寝つきが悪いといった不眠にも効き安眠を促す効能もあります。

肌にも有効なオイルですから、保湿作用で肌を潤し乾燥肌の改善や予防にもなりますニキビ肌荒れなどを抑える抗炎症作用や硬くなった肌を柔らかくする働きもあるので、肌トラブルに対しての効能も期待できます。

その他の効能には、鎮咳や解熱作用、むくみを緩和する働きなどがあります。

主流はインドとオーストラリア産 - サンダルウッドの注意点は?

サンダルウッドのパウダーや木、精油の画像

インドのマイソール産は最高級で貴重

サンダルウッドはインドの他にも、オーストラリア、インドネシア、ネパール産もありますが、主流はインド産とオーストラリア産で、最高級と言われるのがインドのマイソール産です。

マイソール産のものは最高級と言われるだけあって、柔らかい甘い香りが立ち上がります。ただ、マイソール産のサンダルウッドは規制が敷かれ流通量が少ないため、多くのサンダルウッドは香りが似ているオーストラリア産です。

サンダルウッドは、精油以外にもお香も有名ですがスティックやコーンタイプだけでなく、パウダー状になったものもあります。こちらは炭の上で直接焚いて香りを立たせたり、肌の質を整えるパックや石鹸作りにも使えます。

サンダルウッドの精油は粘性があり香りには持続性があるので、洋服に付くとなかなか取れません。また、前日にマッサージや入浴で使用すると、翌日も香りが続いていることがあります。

サンダルウッドは日本人には馴染深い香りですが、苦手と感じる方もいるので使用量はなるべく抑え、また、妊娠中の使用は控えるようにしましょう

関連コンテンツ

関連記事