症状・病気むくみ原因対策
むくみswelling

むくみの原因と効果的な対策について

むくみの原因と対策

「一日中立ちっぱなしだったので脚のむくみがひどい」、「長時間のフライトでむくんでしまった…」こんな経験ありませんか?

むくみとは、細胞の中と外に排出されるはずの役に立たない余分な水分が、体内に溜まった状態です。

むくみは誰しもが経験のあるカラダの症状です。特に女性に多いのが特徴的ですね。むくみは放っておくとたるみの原因にもなります。

今回のテーマはむくみについて。むくみに悩まされている人は多いのですが、その原因や対策はあまり知られていません。むくみの原因を知ることで効果的な対策を立てていきましょう。

関連記事:自宅でケアできる!脚のむくみに効く6つの解消法!

むくみの原因① 血流が悪くなり、老廃物がたまる

むくみの原因の一つは血行不良です。血流が悪くなり、老廃物がたまることにより、むくみが発症します。

心臓から送り出された血液は、全身の細胞に酸素と栄養素を届けるとともに、不要な老廃物を回収します。

ところが、血流が悪くなると、老廃物の回収が滞り、むくみが発症します。

むくみ 対策

マッサージ、入浴、岩盤浴などで老廃物の排泄を促そう!

対策としては、カラダの血流を良くすることです。

具体的な対策としては、マッサージが効果的です。

特に、ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれ、心臓から送られてきた血液を送り返すポンプのような役割を果たします。

ふくらはぎを中心に、むくみのひどい部分を入念にマッサージしましょう。リンパの流れが良くなり、巡りがアップします。またむくみを摂る着圧式靴下や下着も役立ちます。

血流を良くする点では、入浴足湯岩盤浴も効果的です。

特に、岩盤浴のむくみ解消効果は、入浴や温泉の2倍以上であるとの研究結果もあります。休日や仕事帰りなど時間に余裕のある方はぜひお試し下さい。

食品ではクエン酸がおすすめです。クエン酸は疲労物質を分解する働きと血流を良くする効果があります。

クエン酸は梅干しレモンなどに多く含まれていますので、むくみ対策として覚えておきましょう。

むくみの原因② 塩分のとりすぎ

むくみの二つ目の原因は、塩分のとりすぎです。

塩分を多くとると、のどが渇いて水分の摂取量が増えます。

また、人間のカラダは体内のナトリウム(塩分)濃度を一定に保とうとする働きがあるため、カラダの中に水分をため込みやすくなります。

むくみ 対策は…

塩分を控え、カリウムを積極的に摂取しよう

対策としては塩分を控えることです。

現代人は塩分をとりすぎている傾向にあります。日頃から、薄味に慣れ、素材のうまみを感じるようにしましょう。

また、塩分のとりすぎにはカリウムも有効です。カリウムにはナトリウム(塩分)を排泄する働きがあります。

カリウムは、アボカドほうれん草納豆などに多く含まれています。こちらもむくみ対策の食品として覚えておきましょう。

むくみの原因③ 筋力(特に下半身)の低下・アキレス健の短縮

むくみの三つ目の原因としては筋力の低下です。特に、下半身の筋力低下やアキレス健の短縮がむくみの原因にもなります。

運動不足や加齢により、下半身の筋力や柔軟性が低下すると心臓に血液を送り返すポンプの働きが鈍ります。

血液を送り返す働きが鈍ると老廃物の回収がうまくいかず、むくみを生じます。

また、筋肉はリンパ液を流すポンプの役割もしているため、筋力が低下するとリンパ節が詰まりリンパの流れも滞り、余分な水分・老廃物が体外に排出されないためむくみます。

そして、アキレス健が短縮していると、ふくらはぎが伸ばせずしっかりと使えていない状態なので、むくみだけでなく膝まで負担をかけるようになります。

女性は男性よりも筋力が弱いため、筋力低下によるむくみが生じやすくなります。

むくみの対策は?

ふくらはぎを中心に下半身を鍛える

対策としては、下半身の筋肉を鍛えることです。

下半身の中でも、ふくらはぎを重点的に鍛えていきましょう。筋トレが苦手な人は、ウォーキングジョギングでも結構です。

定期的な運動を習慣にすることで、筋力と血流が良くなり、むくみは自然と解消されていきます。

そして、お風呂上りの筋肉が柔らかい時に、全身のストレッチと共にアキレス健伸しを行うのが効果的です。

また、対策①と同じくリンパマッサージを行いましょう。

関連記事:運動不足の解消におすすめ! 自宅でできる効果的な5つの運動

慢性的なむくみは要注意! 医師に相談を

一時的なむくみは今まで紹介したような対策で解消されます。

一方、上記のような対策を講じても何日も解消されないようなむくみは注意が必要です。

慢性的なむくみは腎臓肝臓心臓など様々な病気が原因となっている可能性があります。自分で判断せずに、必ず医師の診察を受けるようにして下さい。

関連コンテンツ

関連記事