トマトは肝臓や脳へのダメージを減らす

海外ニュース > アルコールによる肝臓と脳へのダメージをトマトが減らしてくれる可能性が

アルコールによる肝臓と脳へのダメージをトマトが減らしてくれる可能性が

トマト

トマトに含まれるリコピンはその効能から、世界中で研究が進んでいる

アルコールによる肝臓と脳へのダメージをトマトが守ってくれるかもしれないという事が分かった。

Can tomatoes protect us from alcohol's effects?

ボストンにあるタフツ大学のDr Xiang-Dong Wangと彼の研究チームは、ラットを使った実験を行った。実験によると、トマトと同等の栄養を含むトマトパウダーを摂取したラットの90%以上がアルコールによるダメージを減らしたとしている。

同チームによると、リコピンだけでは肝臓のダメージを防ぐことができず、肝臓へのダメージを減らすには、丸ごと1個のトマトが重要であるとしている。

These results are in line with the team's earlier findings that lycopene on its own does not prevent liver damage but points to whole tomatoes being the key.

また、シドニー大学の教授Ross Grant氏によると、トマトに含まれるリコピンがアルコールによる脳細胞へのダメージを大いに減らすことができると示唆している。

But treating such cells with lycopene for 3.5 hours before exposing them to alcohol significantly reduced the damage.

タフツ大学のXiang-Dong Wang氏によると、肝臓へのアルコールダメージを減らすには中サイズのトマトを1日4個またはトマトソースの1/3を食べる必要があるとしている。

トマト1日4個はなかなか厳しいハードルではあるが、数個でも多少の予防にはなるかもしれない。お酒を飲む人は知っておいて損はないだろう。

関連記事:やっぱりトマトは医者いらず? - トマトの優れた栄養と効能4選

関連コンテンツ

関連記事