アスパラギン酸の効果

アスパラギン酸aspartic-acid

アスパラギン酸の効果と効能 - 疲労を回復するアミノ酸の働き

アスパラギン酸の効果と効能

アスパラから発見された、アスパラギン酸。

アミノ酸の一種で、体内で合成可能なため、非必須アミノ酸に分類されていますが、加齢とともに合成する量は少なくなっていきます。

アスパラギン酸はアスパラガスのみならず、昆布大豆牛肉などに含まれています。熱に弱い特徴があるため、加熱のし過ぎには注意が必要な成分です。

疲労回復や利尿作用をもつアスパラギン酸ですが、身近なところでの利用は、スポーツドリンクや栄養ドリンク、人工甘味料や化粧品などに配合されています。

今回は、アスパラギン酸の効果と効能について、お伝えします。

疲労回復に効果あり - エネルギーの生成、スタミナアップ

アスパラギン酸は、疲労回復に効果や効能のある成分です。

アスパラギン酸は人の体内でエネルギーを作り出す「クエン酸回路(TCAサイクル)」に働きかけ、乳酸をエネルギーに変換する働きを円滑にする効果があります。

また、筋肉や肝臓に蓄えられているグリコーゲンの生成を促進する効果もあります。グリコーゲンは、必要時に分解されてエネルギー源となるため、アスパラギン酸が不足するとグリコーゲンも不足気味になります。

グリコーゲンは、激しい運動を行う際のエネルギー源として使われるため、グリコーゲンの生成を促進させるアスパラギン酸には、スタミナをアップさせる効果もあります。

アスパラギン酸が疲労回復やスタミナアップに効果があることから、スポーツドリンクや栄養ドリンクに配合されており、スポーツ選手達にも活用されています。

利用作用でアンモニアを排出 - 肝機能の向上、解毒効果

アスパラギン酸には、カラダに害のあるアンモニアを排出する解毒作用があります。

アスパラギン酸は利尿作用もある成分です、尿の合成を促進して尿とともにアンモニアの排出をサポートをします。この働きが肝臓を保護すると期待されています。

アンモニアが上手に排出されないと血液中に残り、中枢神経系(神経伝達物質)にダメージを与え働きを阻害したり、エネルギー生成の効率を悪くします。

体液のバランスを整える働き - ミネラルの吸収を良くする効果

アスパラギン酸には、体液のバランスを整える効能があります。

ミネラルやビタミンなどの栄養が体内で不足すると体液のバランスが崩れ、疲労や体調不良の原因となります。

アスパラギン酸は、カリウムカルシウムマグネシウムなどのミネラルを各組織に運び、乱れた体液のバランスを整える効能があります。

そして、クエン酸回路の働きを円滑にすにのも、これらミネラルが必要となります。

アスパラギン酸を摂取する場合は、カリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルを一緒に取るのがおすすめです。

身近な食品に含まれる - うま味調味料、大豆や野菜、お肉にも

アスパラギン酸は、アミノ酸系のうま味に分類される成分で、ナトリウムと結合させてうま味調味料(化学調味料)に配合されています。また、スポーツドリンクや、栄養ドリンクなどにも利用されています。

アスパラギン酸は醤油味噌などの発酵食品豆腐枝豆もやしなどの大豆や豆製品、たけのこトマト昆布、肉類などに含まれています。

ただし、アスパラギン酸は熱に弱いので、加熱調理では手早く調理を済ませましょう。

人工甘味料アスパルテームの原料にも

アスパラギン酸は、人工甘味料のアスパルテームの材料にも使用されています。

アスパルテームは、アスパラギン酸とフェニルアラニンを結合して作られた甘味料です。

砂糖(ショ糖)のおよそ180~200倍もの甘がありますが、カロリーが低いため、世界中でノンカロリーや低カロリー食品に幅広く利用されています。

アスパラギン酸は、食品以外にも医薬品や化粧品などに利用され、さまざまな場所で活躍しています。

関連コンテンツ

関連記事