β-カロテンの効果

β-カロテンb-carotene

これだけは押さえておきたい!β-カロテンの効果と効能4選

β-カロテンの効果と効能

緑黄色野菜に豊富に含まれるβ-カロテン。

β-カロテンは、人参から発見された橙色の色素成分「カロテノイド」の一種で、かぼちゃほうれん草など比較的色の濃い野菜に多く含まれています。

また、β-カロテンはカロテノイドの中でもカロテン類に分類されます。そして、カロテン類には「α-カロテン、γ-カロテン、リコピン」などもあります。

β-カロテンは、体内で必要に応じてビタミンAに変換される特徴があるため、β-カロテンとビタミンAの2つの働きを兼ね備えています。

今回は、β-カロテンの効果や効能、働きについてご紹介します。

強い抗酸化作用 - 生活習慣病やガンの予防・抑制に効果

β-カロテンの主な効果は、強い抗酸化作用を持つことです。

抗酸化作用には、体内で過剰に発生した活性酸素を除去する働きがあります。

活性酸素の増加を抑えることは、老化の促進を抑制し動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果があります。

また、抗酸化作用にはガンの予防や抑制にも効果があり、これは活性酸素による遺伝子の損傷を防ぐためと言われています。

必要に応じて体内でビタミンAに変換 - 他の栄養素の働きを促進!

β-カロテンは、体内でビタミンAとしての働きもあります。β-カロテンは、ビタミンAの前駆体といわれプロビタミンAとも呼ばれます。

β-カロテンは、小腸で吸収され必要な量に応じてビタミンAに変わります。そして、体内でビタミンAに変わると他の栄養の働きを促す効果があります。

特に、ビタミンB群やビタミンDEなどの栄養素は、体内でビタミンAが十分に存在することで効果が発揮されます。

摂取したすべてのβ-カロテンがビタミンAに変わるのではなく、必要のない場合は体内に留まっています。

夜盲症の予防に効果的 - ビタミンAが視力を正常に保つ

β-カロテンは体内でビタミンAに変換し、夜盲症の予防や改善、視力の低下を防ぐ効果があります。

ビタミンAは目が光を感じるのに必要な網膜の主成分ロドプシンとなります。

そのため、ビタミンAが不足すると、光を捉える網膜の働きが鈍くなるため、薄暗い場所や夜間の視力の低下を引き起こす要因となります。

ビタミンAとしての効果 - 免疫力アップ・皮膚や粘膜を保護

ビタミンAに変化したβ-カロテンはには、免疫力のアップ、皮膚や粘膜の健康を保つ効果があります。

免疫力を高める効果は、全身の粘膜を強くする作用とともに、風邪や細菌の感染予防に有効です。

皮膚や粘膜を健康に保つ働きには、皮膚の新陳代謝を促進し肌荒れニキビの予防にも効果があります。

また、ドライアイの予防にも効果があります。これはビタミンAがムチンの分泌を促し、白目(結膜)や黒目(角膜)が傷つくのを防いで、表面の細胞や機能を正常に保つためです。

関連記事:ウイルスをやっつけろ! 免疫力を上げる食べ物とは?

関連コンテンツ

関連記事