クロロゲン酸とは?クロロゲン酸の意味と概要について

栄養・栄養素クロロゲン酸クロロゲン酸とは
クロロゲン酸chlorogenic-acid

クロロゲン酸の概要

【名称】 クロロゲン酸 【英名】 chlorogenic-acid
【分類1】 ポリフェノール 【分類2】 フラボノイド
【主な効果・効能】 脂肪の蓄積を予防、アンチエイジング効果、メタボ予防など

クロロゲン酸とは?

クロロゲン酸は、ポリフェノール(フラボノイド)に分類される成分です。

クロロゲン酸

クロロゲン酸とは、コーヒーポリフェノールとも呼ばれるポリフェノールの一つです。主にコーヒー豆などに含まれている苦味成分です。コーヒー独特の苦みや渋みなどの風味は、クロロゲン酸の作用だとされています。

クロロゲン酸は、脂肪の蓄積を抑える効果や血糖値の上昇を緩やかにする働きがあります。そのため、脂肪肝やメタボリックシンドローム、糖尿病などの予防、ダイエット効果があります。

また、クロロゲン酸はポリフェノールのため抗酸化作用もあり、活性酸素の働きを弱め肌の衰えや生活習慣病などの病気を防いで、アンチエイジング効果も期待されています。

クロロゲン酸はコーヒー以外にも、じゃがいもゴボウさつまいもなすかぼちゃ、アーティチョーク、れんこんりんごなどにも含まれています。

またクロロゲン酸を含むコーヒー豆は、焙煎が浅いほど多く含まれており、とくに生豆に豊富です。コーヒーでクロロゲン酸を摂取する場合は、浅煎りの豆がおすすめです。また、深煎りのエスプレッソやフレンチローストには、クロロゲン酸はほとんど含まれていないと言われています。

さらに、インスタントコーヒーよりも、ドリップしたコーヒーの方がクロロゲン酸の量は多いとされています。

関連コンテンツ