DHAとは?DHAの意味と概要について

栄養・栄養素DHADHAとは
DHAdha

DHAの概要

【名称】 DHA 【英名】 dha
【分類1】 脂質 【分類2】 n-3系脂肪酸
【主な効果・効能】 中性脂肪を低下させる働き、アルツハイマー病の予防など

DHAとは?

DHAは、脂質(n-3系脂肪酸)に分類される栄養素です。

DHA

DHAとは、脂肪酸の一種です。常温では固まりにくい不飽和脂肪酸の一種であるn-3系脂肪酸に分類される栄養素です。DHAは脂質を構成する中性脂肪の構成成分(脂肪酸)のひとつです。

DHAの正式名称は、ドコサ・ヘキサエノイック・アシッド(ドコサヘキサエン酸)と呼び、DHAは、Docosahexaenoic Acidを略したものです。

体内ではαリノレン酸(必須脂肪酸)がDHAやEPAに変換しますが、変換率が低くカラダに必要な量を補えないため、DHAを含むn-3系脂肪酸は、食べ物から摂取する必要があります。

DHAのおもな効果や働きには、血中のコレステロール値、動脈硬化や認知症の予防などが挙げられます。また、EPAとは相乗効果があり、簡単に言うとDHAは脳にEPAは血液の健康を維持する効果があります。

DHAは人間の脳に存在し、特に記憶や学習機能に重要な役割を果たす「海馬」には、他の部位の2倍以上の量が存在するとされています。アルツハイマー型認知症の患者さんの海馬にはDHAが少ないということで、注目されてる成分です。

DHAを多く含んでいる食材は青魚に多く、特にさんまいわしアジマグロ、あん肝に豊富に含まれています。

DHAは酸化しやすい脂質のため、ビタミンエース(ACE)を含む野菜や果物を一緒に取るのがDHAの酸化予防に効果的です。また、調理ではお刺身や煮魚などの煮汁ごと食べるられる食べ方がおすすめです。

関連コンテンツ