栄養・栄養素EPA > 多く含む食品
EPAepa

EPAの優れた効果 - 生活習慣病のリスク軽減に期待!

EPAの効果と効能

不飽和脂肪酸の一種であるEPA(エイコサペンタエン酸)。

EPAはマグロさんまなどの青背魚の油に多く含まれる脂肪酸で、体内で合成することができない成分です。

近年EPAは、DHAも一緒に含まれたサプリメントが多く出回っていて、高脂血症などに対する医薬品として認定されています。

どちらかと言うと、DHAの方が有名ですが、EPAも素晴らしい効果を発揮してくれています。

中性脂肪を低下させる効果 - 血中脂質のバランスを整える

EPAにはコレステロールを下げる効果があります。

EPAは、HDHコレステロールを増やし、LDLコレステロールを下げるため、血中の中性脂肪を低下させる働きがあります。

そのため、EPAには高脂血症を予防する効果があります。

抗血栓作用 - 脳梗塞、心筋梗塞の予防

EPAは、血液粘度を下げ血管を柔軟にするため、血液をサラサラにして血流を促進する働きがあります。

血小板が集まって固まるのを防ぐ血小板凝集抑制効果や、赤血球そのものが柔らかくなり変形する作用があります。

その結果、血栓ができるのを防ぐため動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞の予防に効果があり、EPAには多くの生活習慣病のリスクを軽減することができます。

アレルギー抑制 - アトピー性皮膚炎や花粉症の緩和

EPAは、アレルギーの原因となるプロスタグランジンやロイトコリエンという物質を抑制する効果があります。

そのため、アトピー性皮膚炎花粉症、喘息の症状の緩和に効果的と言われています。

抗炎症作用 - マイクロファージの働きを抑制

EPAには、炎症の原因となるマイクロファージの働きを抑制するため、病気の発症をおさえたり改善する効果があります。

また、EPAには免疫力を高める作用もあります。

精神の安定効果 - セロトニンの働きをアップ

EPAには、セロトニンの分泌や働きを高め、精神を安定させる効果があります。

セロトニンは脳内の感情のコントロールに関係しているため、EPAがメンタル面にも働きかけてうつ病やイライラを緩和させる働きがあります。

EPAとDHAの違いと相乗効果

EPAとDHAは、ともにオメガ3脂肪酸に分類され、コレステロール・中性脂肪を低下させる効果があり分子構造もよく似ています。

EPAとDHAの大きな違いは、EPAは主に血液に働きかけ、高い血小板凝集抑制効果があるため血栓予防に効果があります。また、EPAは脳の入り口である血液脳関門を通り抜けることができません。

DHAは血液脳関門を通り抜けて、脳神経系に働きかけるため、脳を活発にし記憶力の向上や認知症の予防に効果があります。

そのため、EPAとDHAの相乗効果で脳内の血管を健康に保ち、脳血栓や脳梗塞などを予防することができます。

関連コンテンツ

関連記事