フェルラ酸とは?フェルラ酸の意味と概要について

栄養・栄養素フェルラ酸フェルラ酸とは
フェルラ酸ferulic-acid

フェルラ酸の概要

【名称】 フェルラ酸 【英名】 ferulic-acid
【分類1】 ポリフェノール 【分類2】 -
【主な効果・効能】 アルツハイマー病の予防、美白効果、抗酸化作用など

フェルラ酸とは?

フェルラ酸は、ポリフェノールに分類される栄養素です。

フェルラ酸

フェルラ酸とは、果物や野菜などに含まれるポリフェノールの一種で、食物の細胞壁などに存在する成分です。

フェルラ酸には抗酸化作用があり、お菓子やデザートなどの酸化防止剤として使われていて、食品の退色や変色防止の効果があります。

認知症の神経細胞のダメージを防ぐ働きや、抗酸化作用が高いことから脳神経細胞の老化防止などの効果もあるため、認知症の進行を防ぐ効果もみられます。

その他にもメラニン生成を抑制する働きや紫外線の吸収性、皮膚保護作用もあり、美白効果も高いことから、美白化粧品やUVクリームなどにも用いられています。

このようにフェルラ酸には美容効果や脳の認知改善効果など、様々な症状や疾患に高い効果が期待できるとして注目されています。

フェルラ酸は米ぬかや小麦など、日本人には馴染みの深い食品に含まれています。

関連コンテンツ