乳酸菌とは?乳酸菌の意味と概要について

栄養・栄養素乳酸菌乳酸菌とは
乳酸菌lactic-acid-bacterium

乳酸菌の概要

【名称】 乳酸菌 【英名】 lactic-acid-bacterium
【分類1】 乳酸菌 【分類2】 -
【主な効果・効能】 整腸作用、便秘の改善、免疫力のアップなど

乳酸菌とは?

乳酸菌は「糖分(オリゴ糖やショ糖など)を発酵して乳酸を生成する細菌」の総称で、微生物に属する細菌です。

乳酸菌

乳酸菌は、ヒトの体内で良い働きをする善玉菌で、プロバイオティクスです。乳酸菌の種類はとても多く200種類以上も存在すると言われています。乳酸菌は、ヨーグルトキムチなどの発酵食品や、人や動物の腸内にも存在しています。

乳酸菌を細かく分類すると「属・種・株」と、数えきれないほどの数で、種類によって働きも異なります。そのため、大きく3つに分類すると分かりやすいと思います。

生きたまま腸に届くで有名な、漬物など植物性食品に含まれる「植物性乳酸菌」。乳製品に含まれる「動物性乳酸菌」。ヒトや動物の腸内に存在する「腸内系乳酸菌」です。

乳酸菌の働きは、種類によってさまざまですが、代表的なのが腸内環境の改善や血中のコレステロール値の低下で、便秘を改善することで肌荒れを予防する美容効果や、肥満予防でダイエット効果などが挙げられます。

乳酸菌を含む食品では、植物乳酸菌の代表が、すぐき漬け、ぬか漬け、キムチ、ザーサイ、ザワークラフトやピクルス(甘酢漬けではなく発酵タイプ)などの発酵させた漬物、味噌醤油お酢などの発酵食品です。動物性乳酸菌を含む食品では、ヨーグルト、チーズ(ナチュラル)、発酵バターなどの乳製品に含まれています。

また、ヨーグルトは各社、機能別の乳酸菌を含んでいます。整腸作用だけでなく皮下脂肪や内臓脂肪などの体脂肪の低減や、インフルエンザや風邪などの感染予防、ピロリ菌の働きを抑えるなど、さまざまな種類があります。そして、もっと手軽に乳酸菌を摂取できるようにサプリメントでも販売されています。

乳酸菌は、加熱や冷凍をしたり、腸に届くまでに胃酸や胆汁で死んでしまうタイプでも、まったく意味がないわけではありません。死んでしまった乳酸菌でも腸内のビフィズス菌などの善玉菌のエサとなって善玉菌を増やす働きがあります。

関連コンテンツ