栄養・栄養素マグネシウム効果効能
マグネシウムmagnesium

マグネシウムの効果と効能について

マグネシウムの効果と効能

ミネラルの一種であるマグネシウム。

マグネシウムは、身体の中で多くの役割を果たし、私たちの健康維持には欠かせない栄養素です。

また、骨を形成するカルシウムと、とても深い関わりがあります。

今回はそんなマグネシウムについて、効果や効能をご紹介していきます。

骨を形成する効果

マグネシウムには、骨を形成する効果があります。

マグネシウムの約60%が骨に貯蔵され、骨を形成する重要な成分になります。

骨というと、カルシウムのイメージが大きいですが、マグネシウムも骨を形成するのに必要な栄養素になります。

骨に貯蔵される以外のマグネシウムは、タンパク質と結合して、肝臓や筋肉、血液中などに存在します。

300種類の酵素の働きを助ける効果

マグネシウムには、さまざまな酵素の働きを助ける効果があります。

マグネシウムは、酵素の働きを促す補酵素として働き、タンパク質の合成や、エネルギーの生成に関わります。

マグネシウムが助ける酵素の数は、300種類とも言われています。

体内のカルシウム量を調節し、筋肉の収縮を促す効果

マグネシウムは、カルシウムと深い関わりがある栄養素です。

マグネシウムは、適正な量のカルシウムを細胞内に入れる役割を果たし、筋肉の収縮を促す効果があります。

心臓が正常に動くのも、マグネシウムの筋肉の収縮を促す効果によるものです。ちなみに、マグネシウムが極端に不足すると過剰な収縮が起こり、痙攣などを起こすリスクもあります。

マグネシウムとカルシウムの摂取バランスは1:2が効果的

カルシウムを過剰に摂取すると、マグネシウムは排出されてしまいます。

マグネシウムが不足すると、カルシウムが血管壁に溜まり、動脈硬化になりやすいと言われています。

そのため、マグネシウムとカルシウムの摂取バランスは1:2が効果的です。

関連コンテンツ

関連記事