栄養・栄養素ポリフェノール効果効能
ポリフェノールpolyphenol

ポリフェノールの効果とは?植物に含まれる化合物の正体

ポリフェノール

ポリフェノールの効果と効能について詳しく解説していきます。ポリフェノール、一度は耳にしたことがあるフレーズですね。

耳にしたことはあるけど、その実態はよく分からないという方がほとんどなのではないでしょうか。

そこで今回は、そもそもポリフェノールとは何か、共通して持っている効能は何か、そして具体的なポリフェノールを例に挙げて、どのような効果あるのかを順を追ってご紹介していきます。

ポリフェノールは数が非常に多い成分ですので、すべてを把握することはできませんが、その一部でもご理解いただければと思います。

そもそもポリフェノールとは何か?

虫眼鏡でポリフェノールの文字を拡大している画像

そもそもポリフェノールって何でしょうか?

ポリフェノールとは、植物に含まれている色素、アク、渋み、苦味の成分となる化合物の総称のことです。ポリフェノールは約4,000~5,000種類もあるとされ、ほとんどの植物の茎や葉に含まれています。

ポリフェノールは、色素の成分であるフラボノイド系と色素意外の成分であるフェノール酸系に分かれます。ポリフェノールとは、植物に含まれている化合物の総称だったんですね。それにしてもこんなに種類があるとは驚きです。

続いては、ポリフェノールの主な効果と代表的な効能について、いくつかご紹介していきます。

全てのポリフェノールには抗酸化作用が!

白い木の上にあるぶどうとブルーベリー

4,000~5,000種類もあるとされているポリフェノールですが、全て共通する効果・効能があります。

それは抗酸化作用です。抗酸化作用とは、有害な活性酸素によるカラダのサビつきを防ぐ作用のことです。全てのポリフェノールにはこの抗酸化作用があります

抗酸化作用により、老化を防止する効果、免疫力の低下を防ぐことによる風邪予防、がんを予防する効能などが挙げられます。

ちなみに、ポリフェノールは水溶性のため、吸収率が低いのが特徴です。

そのため、たくさん摂取してもカラダに蓄積することができず、体外に排出されてしまいます。ポリフェノールの効果を持続させるためには、食品をこまめに摂取する必要があります。

目の働きを高める効果、白内障の予防に - アントシアニン

木の上にあるさくらんぼやラズベリー、ブルーベリー

ポリフェノールの一種であるアントシアニンは、目の働きを高める効果があります。これは良く知られた効能ですね。

アントシアニンはブルーベリーぶどうプルーンなどに多く含まれています。ちなみに、ブルーベリーやぶどうの青い色素はアントシアニンによるものです。

アントシアニンには、目の働きを高め、紫外線から水晶体を守る働きがあるため、白内障などの眼病予防にも役立ちます。

また、血行を促進する効果や血中の脂肪の蓄積を抑制する効能もあるため、高血圧の予防や脳梗塞や糖尿病の予防にも役立ちます。

骨粗鬆症、更年期障害を予防する効能 - イソフラボン

大豆が大量にある画像

ポリフェノールには、骨粗鬆症や更年期障害を予防する効能があります。こちらはポリフェノールの一種であるイソフラボンの効能です。

イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持つため、エストロゲンの減少に起因する骨粗鬆症更年期障害を予防する効果があります。

イソフラボンは大豆や納豆豆腐湯葉などの大豆製品に含まれます。

ただし、近年の研究によると、イソフラボンの効果を享受できる人は、日本人で50~60%であるとの結果も出ていますので、ご注意下さい。詳しくは以下の記事をご確認下さい。

関連記事:イソフラボンの効果と注意点について

二日酔いの予防、肝機能の向上など - セサミン

スプーンに盛ってある白ゴマと黒ゴマ

ポリフェノールの一種であるセサミンには、二日酔いの予防や肝機能の向上、肝臓がんを予防する効果が期待できます。

セサミンは主にごまに多く含まれる成分で、胃や腸で溶けずに、直接肝臓に働きかけ、アセドアルデヒドの持つ毒性を軽減させる効果があります。

アセドアルデヒドは二日酔いの原因ですので、セサミンは二日酔い対策に有効となります。また、肝臓に直接働きかけることにより、肝臓の負担を助けるため、肝機能の向上や肝臓がんを予防する効果が期待できます。

また、セサミンにはイソフラボンと同様に、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きがあるため、骨粗鬆症や更年期障害を予防する効能も期待できます。

下痢の緩和や殺菌効果 - タンニン

お茶と大盛りの茶葉とスプーン

タンニンには下痢の緩和や殺菌効果があります。

タンニンは、緑茶やぶどう、柿、ほうじ茶コーヒー紅茶などに含まれるポリフェノールで、緑茶や柿などの渋み成分です。

タンニンには様々な効果や効能がありますが、なかでも下痢の緩和や改善効果が有名です。タンニンには収れん作用というものがあり、腸の鼓膜の痙攣を抑える働きがあります。

腸の鼓膜の痙攣は便を緩くする原因となりますので、軟便や下痢対策には有効な成分です。そのため、タンニンを過剰摂取すると便秘になる可能性もありますので、ご注意下さい。

また、タンニンには強い殺菌・消臭作用もあるため、虫歯や口臭、体臭予防にも役立ちます。こちらも合わせて覚えておいて下さい。

肝臓の機能を高める効能- クルクミン

皿に盛ってあるターメリックと生姜

ポリフェノールの一種であるクルクミンには、肝臓の機能を高める効能があります。肝機能を高めるという点ではセサミンと同様ですね。

クルクミンはウコンなどに見られる黄色の色素です。胆汁の分泌を促して、肝臓の機能を高める働きがあります。肝臓の機能を高めることから、二日酔い対策をはじめ、肝炎、肝機能障害の予防にも役立ちます。

クルクミンはウコン生姜などに多く含まれています。ちなみに、クルクミンを多く含むウコンは近年、注目されている食品ですね。サプリメントなどでもウコンが多く登場しています。

ちなみに、ウコンには秋ウコンと春ウコン、紫ウコンなど複数の種類があり、秋ウコンにクルクミンが多く含まれています。

ポリフェノールの効果と効能 まとめ

アサイーやバナナ、いちご、リンゴが入ったアサイーボウル

以上が代表的なポリフェノールの効果と効能でした。

ポリフェノールは4,000~5,000種類もあるとされ、ここではすべてを紹介することができません。

他にも、ルチン、ルテオリン、カカオマスポリフェノール、アピイン、クロロゲン酸、ケルセチン、ショウガオール、クリシン、ナスニン、ナリンゲニン、クリシン、ヘスぺリジン、フェルラ酸、テフラビン、ダイゼインなど非常に多くのポリフェノールが存在します。

ただ、全てのポリフェノールには共通しているのは抗酸化作用があります。それに加えて、それぞれのポリフェノールに独自の効果や効能があるという事です。

当サイトではなるべく多くのポリフェノールを紹介するようにしていますので、気になる方は各リンク先の記事をご覧ください。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク