栄養・栄養素ビタミンC効果効能
ビタミンCvitamin-c

ビタミンCの効果&効能と豆知識

ビタミンCの効果と効能

ビタミンCの効果と効能、ちょっとした豆知識についてご紹介します。私たちに馴染みのあるビタミンC。よく知られた栄養ですね。

しかしながら、その具体的な効果や効能、どういった性質を持っているかなど詳しく説明できる人は少ないようです。

そこで今回は、そんなビタミンCの効果と効能をご紹介します。また、知っているようで知らない豆知識についてもお伝えしていきます。いずれも詳しく解説していますので、気になるものから見ていただいても結構です。

老化を防ぐアンチエイジング効果 - 動脈硬化やがん予防も

ビタミンCを含む様々な果物や野菜

ビタミンCにはカラダの老化を防ぐ、アンチエイジング効果があります。

ビタミンCには強い抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酸素を除去する働きがあります。そのため、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの病気を予防する効能やアンチエイジング効果があります。

ある実験では、ビタミンCが不足したマウスは通常のマウスに比べて約4倍の速さで老化が進むとの報告もあります。

また、強い抗酸化作用からがん予防の効能も期待できます。ビタミンCの持つ抗酸化作用には様々な働きや効果があります。ぜひ、覚えておきましょう。

ストレス対策に - ストレスの多い現代人には必須の栄養

ビタミンCはストレス対策にも効果が期待できます。

ビタミンCは、ストレスに対抗する作用を持つ副腎皮質ホルモンの合成を促す効能があります。また、ドーパミンやアドレナリンなどの神経伝達物質の合成に深くかかわっています。

ストレスを受けると体内のビタミンCはどんどん減ります。

ストレスの多い現代人は、こまめにビタミンCを補給することをおすすめします。アセロラレモン柿(かき)ブロッコリーケールなどがおすすめです。

会社や学校など、どうしても食べ物が摂取できない場合は、サプリで代用するようにしましょう。

コラーゲンの合成を促す働き - 美肌効果、肌荒れ、シミ防止に

コラーゲンと女性の肌

ビタミンCはコラーゲンの合成に不可欠な栄養です。タンパク質からコラーゲンを合成する働きがあります。

コラーゲンは肌や皮膚、骨や内臓などに存在し、弾力や柔軟性を強化する働きがあります。肌の真皮層はコラーゲン、エラスチン、ヒアルソン酸で作られており、そのうちの約70%がコラーゲンで作られています。

ビタミンCはこのコラーゲンの合成に不可欠なため、肌に良いと言われているんですね。また、シミの元であるメラニン色素の合成を抑える効能もあるため、シミ対策としても有効です。

若くて張りがあり、みずみずしい肌を維持するには、コラーゲンを生成させる必要があり、そのためにはビタミンCとタンパク質が必要になるんですね。

ちなみに、ビタミンCを多く含む食品は、赤ピーマン、芽キャベツゆず菜の花ブロッコリーアセロラレモンなど、タンパク質を多く含む食品は、肉、魚、チーズなどです。

免疫力を向上する効果、風邪を予防する効能

ビタミンCには免疫力の向上と風邪予防の効果もあります。これは良く知られた効能ですね。

ビタミンCには、ウィルスを排除する白血球の働きを強化する効能があります。また、インターフェロンというタンパク質の合成を行い、ウイスル系の病気からカラダを保護する働きがあります。

すでに風邪をひいてしまった場合にも、白血球の働きを強化するため、回復が早くなるなどの効果があります。

風邪予防、風邪対策のどちらにも有効な栄養素ですね。

ビタミンCは400mgで飽和状態に、サプリでもOK!

サプリメントを飲む女性

ここからはビタミンCの豆知識についてお伝えしていきます。かなり重要なポイントですので覚えておきましょう!

まず。体内のビタミンCは約400mgで飽和状態になるとされています。

ビタミンCは水溶性の栄養であるため、一度にたくさん摂取しても体内には蓄積されず、尿として排出されてしまいます。一般的な食事で摂取する場合は、体内に蓄積されないため、過剰摂取を心配する必要はありません。

むしろ、体内では合成されない栄養ですので、できるだけこまめに摂取するよう心がけましょう。特に、ストレスの多い環境にいる方は意識づけるようにして下さい。

ちなみに、ビタミンCはサプリメントでも効果に違いはないとされています。これは覚えておきたい知識ですね。

ただし、もちろん一日の摂取量は厳守して下さい。通常の食事では問題ありませんが、サプリで摂りすぎた場合は、まれに下痢や嘔吐を引き起こす恐れがあります。

タバコを吸う人はビタミンCが枯渇状態に!?

タバコを吸う人はビタミンCは特に重要です。

タバコを1本吸うとビタミンCは25ミリグラム(1日に必要な量の約1/4)を消費するとされています。これは驚くべき数字ですね。

ビタミンCはただでさえ不足しがちな栄養ですので、このダメージは大きいです。これにストレスが加わったらさあ、大変!体内のビタミンCは完全に枯渇状態となります。

タバコを吸う人は普通の人よりも意識してビタミンCを多めに補給しましょう。もちろん、禁煙することが一番の方法です。

関連コンテンツ

関連記事

このページを
シェア/ブックマーク