鍼灸とは?鍼灸の意味と概要について

健康習慣鍼灸鍼灸とは
鍼灸acupuncture

鍼灸の概要

名称 鍼灸 英名 acupuncture
分類1 健康法・習慣 分類2

癒し・リフレッシュ、疲労回復、体質改善、美容・美肌

主な効果・効能 血行促進、肩こりの改善、自律神経のバランスを整えるなど

鍼灸とは?

鍼灸とは「はり・きゅう」または「しんきゅう」と呼ばれ、鍼とお灸を使って行う治療法のことをいいます。

鍼灸

鍼灸の歴史は古く、2千年前の中国で誕生しました。日本の歴史においては6世紀頃の飛鳥時代に朝鮮半島から伝えられたことに始まります。平安時代の貴族の日記には灸治療のことが書かれてあったり、戦国時代の文献には鍼灸治療と経絡に関する記述が見られます。

以来明治時代までの長きに渡って、医学の中心的立場にありましたが、オランダから西洋医学が伝わるようになって衰退を余儀なくされました。しかし今日では、再び日本を初めとしてアメリカやヨーロッパにおいても、鍼灸医学が盛んに研究され行われています。

鍼治療はきわめて細い針が使われ、お灸はヨモギの葉で作られた艾(もぐさ)が使われます。それら鍼と灸によって経穴と呼ばれる「ツボ」に刺激を与え、筋肉を弛緩させ血行をよくします。また、鍼や灸によって免疫機能が向上したり、自律神経を整える効果が期待できると言われています。

鍼と灸の治療効果の違いは何かというと、鍼治療はすぐに効果が現れやすいため急性の痛みやコリによく効き、灸治療は比較的ゆっくりと効いて持続させる傾向があるので、慢性的な痛みや冷えによるものに適応されることがあります。

鍼灸治療はその人の体質や疾患、症状によって様々な治療法が選択されます。鍼灸の何が身体に効いているのでしょうか。それは生命エネルギーである「気血」が流れているとされている「経絡」に働きかけ、自然治癒力を高めることにあると言えるでしょう。

関連コンテンツ