健康習慣有酸素運動効果
有酸素運動aerobic-exercise

有酸素運動の効果-押さえておきたい有酸素運動の効能3選

有酸素運動の効果

運動には、有酸素運動と無酸素運動があります。

有酸素運動は、脂肪を酸素と結合させることで燃焼させて持続的に安定した力を出します。

それに対し、無酸素運動は、蓄えられたグリコーゲンを主なエネルギーとして短時間に大きな力を発揮します。

有酸素運動は、健康にとってさまざまな効用があることでも知られています。

有酸素運動の代表的な効果 - 脂肪燃焼によるダイエット!

公園をジョギングしている女性

有酸素運動の効果としてもっとも有名なのはダイエットでしょう。

有酸素運動は、脂肪を燃やすことによって行う運動なのでカラダ重を落とすのに効果があるのは当然です。

もっとも、生命活動をしている以上は特に運動をしていなくても、カラダの中では常時脂肪が燃焼しています。

ダイエットにより有効な運動は、ジョギングウォーキングなどの長時間連続で行う有酸素運動であることが判明しています。

有酸素運動を行う際は、大きな力を出して短時間で消耗してしまうより、力をセーブしてできるだけ時間をかけて行った方が効果的です。

脳梗塞・狭心症などの生活習慣病の予防効果 - 血中脂肪を燃焼

体内の脂肪は、有酸素運動を一定以上行うと燃焼が活発になると言いましたが、人体は何をエネルギーに変換して運動を行っているのでしょうか?

実は、血液を利用しているのです。

血液の中には「血中脂肪」と呼ばれる脂肪が含まれており、血液に取り込んだ酸素を利用して、血中脂肪を燃焼させています。

そうすると、血液中の余分な中性脂肪や悪玉コレステロールが減少し、善玉コレステロールが増える結果となるのです。

そのことが、動脈硬化の予防となり、脳梗塞や狭心症などのリスクを下げていきます。

不眠症の改善と睡眠の質の向上 - ほどよい疲れが安眠につながる

ベッドで熟睡している女性

有酸素運動は不眠症の改善にも効果があります。

カラダのほどよい疲れが、自然な眠りへといざなってくれるからです。

現代人はとにかく運動不足で、脳が疲れていてもカラダは疲れていないというアンバランスな状態に陥りがちです。

これでは良い睡眠を得ることは難しくなってしまいます。

良い眠りのためには、頭とカラダが同じぐらい疲れていることが理想的で、そのためには有酸素運動はこれら条件を満たす最適な運動となります。

関連コンテンツ

関連記事