ボルダリングとは?ボルダリングの意味と概要について

健康習慣ボルダリングボルダリングとは
ボルダリングbouldering

ボルダリングの概要

名称 ボルダリング 英名 bouldering
分類1 運動・エクササイズ 分類2

リフレッシュ、脳の活性化、筋トレ、ストレッチ

主な効果・効能 全身を鍛える効果、バストやヒップアップ効果、集中力のアップなど

ボルダリングとは?

ボルダリングとは、クライミングスポーツの一つです。

ボルダリング

ボルダリングは、施設内に作られた人工壁に、ホールドと呼ばれる突起物(人工石)を頼りに登るスポーツです。

クライミングというと、自然の岩を登るロッククライミングが有名ですが、安全のためにロープを使用して登ります。

一方、ボルダリングでは、補助のためのロープを使用せず登ります。ただし、床には厚手のマットが敷かれており、登る高さも4~5mほどと、低めに設定されています。

ボルダリングの設備では、さまざまな角度の壁が用意されており、同じ角度であってもホールドの位置や形によって、初級から上級までさまざまなコースが用意されています。

同じ色のホールドや、ホールドの横に貼ってある目印のシールをもとにコースが作られていることもあり、これらをたどって登っていきます。その、ホールドだけに手や足をかけるルールで、スタートからゴールまで行くことになります。

ボルダリングは、一見、腕の力が必要に思われがちです。しかし、腕の力が弱い女性であっても、足をうまく使ったり腹筋を利用して登ることができます。全身をうまく利用するスポーツでもあり、初心者から楽しむことができます。

また、ただ登って行くスポーツのように思えますが、集中力や判断力なども必要となり、カラダを使いながら頭も使うスポーツです。

服装は動きやすい恰好で構わず、用意するものと言えば専用のシューズと手の汗で滑らないようにするチョークだけです。シューズやチョークはボルダリング施設で貸し出しをしていることが大半なので、気軽に始めることができます。

関連コンテンツ