健康習慣足湯効果
足湯footbath

【足湯効果】お手軽にできる足湯のバツグンの効果とは?

足湯の効果

今回のテーマは足湯。

足湯は膝下をお湯につかるだけなので、自宅でも簡単にできるリラクゼーションです

そんな手軽さと違い、足湯の効果はなかなかのもの!

今回はそんな足湯について、どのような効果を発揮してくれるのかをご紹介します。

「足湯は万能の健康法」- 冷え性、むくみ、疲労回復、体質改善効果

赤いレッグウォーマーから出ている足先

足湯は冷え性むくみを解消するなど、体質改善の効果があります。

足を温めると、血液循環が良くなるため、代謝が上がり、体に溜まった老廃物の排出を促す効果があります。

足湯により足に溜まった老廃物の排出を促すことで、むくみ、肩こり生理痛、慢性疲労、不眠症低血圧など様々な不調を改善します。

足湯は上記のような様々な不調を改善することから、「万能の健康法」と言われます

全身浴と同じ効果!全身を芯から温める

足湯は全身を芯から温める、全身浴(入浴)と同じ効果があります。

足には太い血管が通ってるので、血の流れの折り返し点の足を温めると、温かい血が全身をめぐり、下半身だけでなく全身が芯から温まります。

肝臓の働きを活性化 - 免疫力アップ、ダイエット効果

足湯は肝臓の働きを活性化させ、免疫力をアップする効果があります。

足先を温めると血管が広がるため、内臓の血液循環も改善します。

内臓の中でも、特に肝臓の働きを助けるため、体内の老廃物の解毒・脂肪の分解・タンパク質の合成などが効率よく行えます。

肝臓の働きが活性化すると代謝もよくなるため、免疫力が高まり、風邪をひきにくくなるほか、痩せやすい体質にもなるため、ダイエット効果もアップします。

自律神経を整え、夏バテ、クーラーによる冷え性も解消

エアコンを操作する女性

足湯は夏バテやクーラーによる冷え性も解消する効果があります。

夏はクーラーや冷たい飲み物などで体や内臓が冷えたり、室内外の温度差で自律神経の働きが乱れ、夏バテやクーラー病(冷房病)になりやすい時期です。

前述したとおり、足湯は血液の循環を良くするので、全身を温め自律神経の働きを整える効果もあります。

高齢者の方にもお勧め!- 体力の消耗や内臓への負担が少ない

足湯は内臓に少ない負担で全身を温める効果があります。

じんわりと血行を良くして、全身を温めるので、入浴に比べて心臓や肺など内臓への負担が少ないのが特徴です。

体力の消耗が少ないため、入浴による疲労や衰弱が心配な方でも行えるので、医療や介護の現場で取り入れられています。

関連コンテンツ

関連記事