瞑想とは?瞑想の意味と概要について

健康習慣瞑想瞑想とは
瞑想meditation

瞑想の概要

名称 瞑想 英名 meditation
分類1 健康法・習慣 分類2

癒し・リフレッシュ、疲労回復、体質改善、脳の活性化

主な効果・効能 脳を休める効果、ストレスの解消、副交感神経を優位にする効果など

瞑想とは?

瞑想とは、心を平穏にして特定の思考に集中することです。

瞑想

普段、人は実に大量の思考を時間に追われながら行っています。とくに近年はパソコンやスマホの普及により、ありとあらゆるところで情報が入り脳を使っている状態です。

瞑想はそれを整理することです。思考の無駄をそぎ落としシンプルに考えることに集中します。何に集中するのかは、日常を離れて心を解き放つためであったり、呼吸に集中して頭の中を整理したりします。

瞑想は、宗教と強い関係にあると思う人が多いようですが、必ずしもそうではありません。最近では、瞑想によって不安やストレスを軽減させる効果、さらに集中力や発想力をアップするとして注目されています。

では、具体的にどのような方法でどんな時間に何をすれば、効果的に瞑想ができるのでしょうか。簡単に言えば瞑想の方法は、その人によると言えます。逆説的ですが、むしろ方法に縛られること自体が瞑想の障害になるのです。

しかし、一般的には、一日の終わりである就寝前に一日を振り返ることを導入の機会にし、頭を空にして一日をリセットします。姿勢は座ったほうがよいでしょう。

一番重要なポイントは呼吸です。自然と楽に深く呼吸をすることで酸素の摂取量が増えます。一方、忙しい時はや興奮しているときは呼吸は浅く軽くなります。

時間は個人差がありますが、おおむね15分程度が良いと言われています。最初は雑念で上手できないと思いますが、焦らず徐々になれてゆきましょう。

関連コンテンツ