仮眠とは?仮眠の意味と概要について

健康習慣仮眠仮眠とは
仮眠nap

仮眠の概要

名称 仮眠 英名 nap
分類1 健康法・習慣 分類2

癒し・リフレッシュ、生活習慣の改善、疲労回復、脳の活性化

主な効果・効能 集中力と記憶力の向上効果、学習効率のアップなど

仮眠とは?

仮眠とは、日中に短い睡眠をとることを言います。

仮眠

夜の睡眠が短い人がその不足を補うため、あるいは夜勤の人や時差によって体内リズムに乱れが生じた場合にとることが日本では一般的です。ですが世界では「シエスタ」のように文化として昼休みに眠る習慣がある国もあります。

仮眠は昼寝と呼びかえても良いですが、長く眠る必要はありません。むしろ、脳のリセットには15~20分で良いと言われています。

ぐっすりと深く眠る夜の睡眠と異なり、ウトウトするだけでスッキリした経験のある人も多いでしょう。仮眠の時間は短くてよいのです。寝過ぎはかえって夜の睡眠に支障をきたしたり、カラダがだるくなるといった要因となります。

仮眠の取り方は、正午から15時までの間で、なるべく椅子に座った状態が好ましいと言われます。背もたれが倒せるものは倒し、または机に突っ伏す姿勢で寝るのが効果的です。

その他にも、アイマスクの着用、仮眠の前にコーヒーなどのカフェインの摂取をプラスするのが仮眠にいいと言われます。横になると本格的な睡眠になりやすく、カフェインは飲んでから20分ほど後に覚醒作用が効いてくると言われています。

仮眠は、目をつぶりじっとするだけでも効果が得られると、古くから仮眠をとる政治家や軍人、文筆家が多く存在しています。仮眠をとることで、かえって能率的に動けるようになり、長時間働くことが可能になる事を実感したことから、仮眠をとる習慣を取り入れた人たちです。

始めるまでは、時間の無駄や夜の睡眠に支障をきたすのではないかと思うもしれませんが、疲労回復のや疲れを予防する効果もあります。日常のルーティーンのように、習慣化できる場所で、自分に合った仮眠の取り方を取り入れてみましょう。

関連コンテンツ