健康習慣あかすり効果効能
あかすりscrubbing

意外と知らない!? あかすりの効果と効能

あかすりの効果&効能

エステスパ、スーパー銭湯などでよく見かける、あかすりの効果や効能についてまとめています。

「あかすりはちょっと気になるけど、まだ試したことはない」という方も実は多いのではないでしょうか?

美肌や美容女性が行うイメージが強いですが、もちろん男性にも効果的です。

今回はそんなあかすりについて、期待できる効果とその魅力についてご紹介していきます。あかすりの頻度や注意点についてもまとめています。

ツルツルすべすべの肌に!- 古い角質をとって美肌や美白効果を

方を触る女性

あかすりは美肌効果のみならず、美白も期待できます

あかすりは古い角質老廃物を取り除いてくれるため、肌がスベスベになり美しい肌を保つ効能をもっています。

こうした効能や効果を期待してあかすりを受ける人も多いことでしょう。

あかすりで落とすのは古い角質です。角質には皮脂や汚れなどが混じった垢(あか)と呼ばれる汚れです。それをこすり落とすことで肌のターンオーバーが促されます。

新しい肌が作られるうえに毛穴の詰まりも解消されるので、くすみや黒ずみ、吹き出物などを防いで美肌や美白効果が期待できます。

その際、古い角質がしっかり取れるように前もって入浴をしたり、サウナに入ったりして角質を柔らかくしておくことが重要です。

また、堅い角質は取れにくく、余分な力をかける原因にもなりがちですから、施術前は適度な水分を与えて角質を柔らかくしておきましょう。

血行やリンパの流れを良くする効能 - 老廃物の排泄や冷え性の解消も

背中のスクラブをする女性

あかすりには血行やリンパの流れを良くする効果や効能があります。

プロの手によるあかすりは、ただゴシゴシこすっているように見えて、表面のあかをこすり落としているだけではありません。

血流やリンパの流れを考えながらマッサージを行っています。

身体の表面を血液やリンパの流れを良くすることによって、身体の隅々まで新鮮な酸素が行き渡り、老廃物も排泄されやすくなります。

さらには、血液やリンパの流れがよくなると、新陳代謝のアップや冷え性の解消などの効果や効能も期待できます。

あかすりの効果や効能は男性にも!? - 体臭も防ぐのにも有効

体を洗う男性

あかすりは男性にも効果的です。

男女ともに気になる体臭も予防することができます。体臭には様々な要因がありますが、そのひとつにあかすりで予防できる体臭もあるのです。

古い皮膚には皮脂が混じっていますが、これが酸化すると菌が繁殖し体臭の原因となります。あかすりはこの古くなった垢を落とすので、体臭を抑える効果が期待できます。

とくに男性の方が皮脂が多く、汗もかくので体臭が気になるかと思います。汗をかく夏場は意識していると思いますが、体臭予防の効果や効能を期待するためには、冬もあかすりを行ってしっかりと古い垢を落としましょう。

リラックス効果も - ストレス解消や安眠を促す効能

リラックスして寝ころぶ女性

体の表面を適度な力でさするあかすりには、リラックス効果も期待できます。適度な刺激を受けるうえに血行が促されることで、副交感神経が優位になります。

また、施設でのあかすりは垢をこすり落とすだけではなく、頭皮や全身のマッサージ、皮膚や髪の毛のトリートメントが一連の流れとして行われます。

そのため、カラダの表面の老廃物が取り除かれてきれいになる以上に、頭皮や身体の筋肉の緊張緩和や、副交感神経の働きの活発化につながるのです。

ですから、適度な力で行われる正しいあかすりは、ストレス解消や安眠にも効果や効能が期待できます。

あかすりの頻度は? - アトピーや乾燥肌には?

考える女性

さまざまな効果や効能が期待されていますが、ここで気になるのはあかすりの頻度ですね。

あかすりは擦りすぎたり力を入れ過ぎると、肌が赤くなったりヒリヒリしたりと、適切に行わないと肌を傷つけてしまいます。

それを防ぐには2~4週間に1度の頻度で行うのがおすすめですが、個人差もあります。肌トラブルを起こさないように肌の調子を見ながら行うようにしてください。

そして、肌にダメージを与えないためには、力の入れ過ぎや擦り過ぎに注意するほか、あかすりの前に入浴で皮膚を柔らかくし、あかすり後の保湿も大切です。

また、頻度の他にも、アトピー乾燥肌の人があかすりを行ってもいいのかも気になりますね。アトピーや乾燥肌の方は皮膚がデリケートで刺激を受けやすい状態なので、やはりあかすりは控えた方がいいでしょう。

吹き出物や肌のトラブルがある場合は避け、肌の状態が良い時に適切な頻度、やり方で行うのがベストです。そうすることで、それぞれの効果や効能が発揮することができます。

関連コンテンツ

関連記事